SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか? (単行本(ソフトカバー)) : 溝口 耕児 (著)




著:溝口 耕児

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:常夏 さん

窮鼠猫を噛む
「超意識(スーパーコンシャスネス)」をテーマに書かれた、
<br />非常に分かりやすい本。
<br />
<br />同じ系列でいくと、石井裕之氏の本にも似ている印象も受ける。
<br />

<br />具体例の使い方がうまく、人間が本来持っている「超意識」とは、
<br />どんなことなのかが、簡単に理解できる。
<br />
<br />能力開発の本の中でも、とても読みやすく、具体的なノウハウも豊富なので、
<br />初心者の方にはぜひ、おすすめしたい。
<br />
<br />類書をよく読む方にとっては、ノウハウの部分が、少し物足りなく感じると思う。
<br />他の本でも紹介されている内容もあるので、斬新さにはややかけるものの、
<br />とにかく分かりやすく説明がされており、他の本に比べて読みやすいと思う。

<br />
<br />少し物足りなさは感じるものの、良書だと思う。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか?















| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 09:00 | comments(0) | |
スロトレ (単行本) : 石井 直方 (著), 谷本 道哉 (著)




著:石井 直方

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:水の前奏曲 さん

健康維持と運動不足の解消に
この本『スロトレ』はダイエットの為の運動ですが、よく読んでみると運動不足の解消と健康維持、体力増強という目的にも最適な運動のように思えます。そりゃそうでしょう。東大の運動科学の先生が書かれていて、科学的で簡単、しかも効果が高いのですから。週二回で10分ずつすればイイだけ。体を動かした事があまりない人でも、やれる部分から取り組めば必ず出来ます。二週間ぐらいで効果は出始めます。痩せないなと思っても、じつは筋肉が増えていて、内臓脂肪は確実に少なくなっているはずです。有酸素運動を毎日二十分も続けるのは余程意志の硬い人しか続けられません。雪国では冬場は気候も悪く、外で運動をする訳にいきません。そんな時でもこの『スロトレ』だったら簡単に運動する事ができます。ダイエット目的だけではなく、ちゃんとした運動として『スロトレ』を取り入れるやり方もあります。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



スロトレ













| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 20:27 | comments(0) | |
日本の弓術 (岩波文庫) (文庫) : Eugen Herrigel (原著), 柴田 治三郎 (翻訳), オイゲン ヘリゲル




著:Eugen Herrigel

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:久保田夏彦 さん

心が静かになる好著だった。
昭和のはじめに、日本に赴任したドイツ人の哲学家と、日本の弓道の偉大な先生の、弓道とその練習を通じた交流をベースに、禅や日本の思想のベースにふれた本。
<br />弓道を練習し、有段者までなったへリンゲル氏が、ドイツに戻り講演した内容を翻訳したもの。
<br />もちろん話しそのもの、時代背景は古いのだが、師弟愛や禅など。いろいろ考えさせられた。
<br />一般ドイツ人への講演なので、弓道に興味がない人にも、楽しめる本。日本の術や道がつくものに対する思想的な背景を考察したい人に。アウトサイダーから見た、そうした日本的物の解釈として。
<br />心が静かになるとてもよい本だった。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


日本の弓術 (岩波文庫)













| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 19:36 | comments(0) | |
決定版 女性のための運転術 (単行本) : 徳大寺 有恒 (著)




著:徳大寺 有恒

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:tyrol さん

いい意味で「くどい」
車の運転がうまいと言われたい人、車の運転に自信がない人、とにかく車に何らかの興味があるなら、ぜひ読んだらいい本です。
<br />ひとつの話題が見開き2ページで終わるので、話題が多いが内容自体はわかりやすいです。
<br />私は車幅感覚と内輪差の感覚が身についていないので、特に車の左うしろに注意しなくてはならないのですが、走行中の注意、駐車のポイントは何か、ウィンカーは何のためにどういうタイミングで出すか、高速道路での走り方など、すでに十分わかっている「つもり」のことも、整理し、勉強しながら読むことができました。
<br />この本では特に女性が苦手とする運転技術について書かれているようにも思われますが、そうではない、男性の方も読むと、運転の際のポイント整理ができます。
<br />この本を読んだ後、ウィンカーの出し方とブレーキのふみ方に注意するようになりました。

<br />あとは、本に書いてあるように、車幅感覚は広い場所でダンボールを使って練習し、見につけようと思います。
<br />あと、どこか練習できる場所で、パニックブレーキを練習したいと思います。
<br />かつて事故で車の左前に車がぶつかったことがあるのですが、あと1秒早くハンドルを切るか、ブレーキを思い切り踏めば、あの事故は回避できたのではないかと、6年たった今でも思っています。
<br />レビューのタイトルは、この本を読んだ後の運転技術が、そうなるであろうという意味でつけました。
<br />・ウィンカーのつけ方が早く、わかりやすくなる→前より「くどい」
<br />・駐車時に、心配ならば何度も切り返す→ハンドル操作が前より「くどい」
<br />感覚がつかめるまで、そして、相手に自分の存在を知らせるために、いい意味で「くどい」運転を目指したいものです。
<br />




ご購入はこちらからどうぞ ↓


決定版 女性のための運転術













| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 20:59 | comments(0) | |
ザ・ビリヤードA to Z アプリケーション編 (The billiards (3)) (大型本) : 人見 謙剛 (著)




著:人見 謙剛

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:Dedalus さん

さらに一つ殻を破るために
 「ベーシック編」「プラクティス編」と読み進め、この「アプリケーション編」にまで進んだという人は、もうビリヤードの面白さにどっぷりとハマってしまった人でしょう。<p> 「プラクティス編」で正しい玉の動き方を理解し、正確なショットのための練習を積んできたら、是非このアプリケーション編でシステムの使い方や様々な物理現象を利用したショットを覚えてみてください。<p> 的玉を直接ポケットできないときに、仕方がないからカンでバンクショットをしていたあなた。バンクのシステムを読んでみてください。どこを狙えば的球がポケットに向かうのか、カンではなく数字で覚えられますから、精度が格段にアップします。<p> 微妙に他の玉が邪魔していて、手玉を的玉に、必要な角度よりもほんのちょ㡊??とズレた場所にしか当てられないという状況になってしまったあなた。スロウの利用法を参照すればポケットできるかもしれません。<p> 目の前の玉のことしか考えていなくて、入れたはいいが次が手詰まりになってしまったあなた。どこまで先を考えて、どう玉を持っていけば自然に次につながっていくのか、この本はしっかり教えてくれています。<p> さらにこの本ではただ技術的なことだけでなく、試合に臨む際のメンタル面についての科学的な考察、なかなか教えてもらう機会のない疑問を解消するQ&Aなどが掲載されており、アプリケーションの名にふさわしい充実した内容になっています。<p> 「幸いに今ビリヤードの素晴らしさに触れた方は、その喜びの輪を大いに広げていっていただきたい」とはこの本の中の著者の言。この「ザ・ビリヤードA to Z」シリーズからは、ビリヤードというスポーツ、そしてそのスポーツに触れようという人たちへの著者の愛情が感じられます。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


ザ・ビリヤードA to Z アプリケーション編 (The billiards (3))













| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 10:17 | comments(0) | |
自転車トラブル解決ブック (Outdoor) (単行本) : 丹羽 隆志 (著)




著:丹羽 隆志

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:flora さん

運動神経0のわたしは、、、
 体がうごいていなければ車の運転も男並と人によくいわれた。
<br />本当のところわたしはショベルカーとかクレーンとかそのような特殊車の免許をとりたかった。
<br /> 今は息子達のサイドシートの人となってしまったが、自転車の思いはふかい。
<br />自転車のゆっくり乗りが上手く近くに競争の会なんてあつたらやってみたい、早いばかりで時速制限があるのになんで
<br />それ以上の速度のでるものをつくるのであろうか。速いのは警察救急車消防そのた

<br />介護の車、タクシー介護タクシー必要なトラックそれくらいであろう。
<br /> 新幹線も速くて死に目に会えた。そんな場合はある程度速くていい。不必要な
<br />加速は必要ないのだ。もー遅いが現在のオゾンホールをみたかね?
<br /> 驚くであろう。あれを見てなにもしないのはある種感覚の貧困だと思うが。
<br />文句はこれまで、自力、健康的ガスでない。それなりの速度。自転車はすばらしい。
<br />
<br /> 壊れたり磨いたり山とかout doorほど立派なことはしないが、
<br /> この本一冊あれば、安心安全なのである。

<br /> 一読推薦いたします。
<br />
<br />
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓


自転車トラブル解決ブック (Outdoor)














| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 08:59 | comments(0) | |
ボウリング上達BOOK―ぐんぐんスコアがのびる (単行本) : 酒井 美佳




著:


みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






感想:学有紀 さん

上達しました。
最近、ボウリングをやり始めてどうしてもスコアが安定せず、調子がよくても120から140点くらいしか出ず、どうしたらうまくなるかいろいろ調べてはいたんですが、この本を購入し、1ヶ月程度たった今ではアベレージが150までに上達しました。基本からしっかりと書いてあり、他の本でも書かれている内容はさほど変わらないとは思いますが、写真がたくさん使われているので、よくわかりやすかったと思います。酒井さんもかわいいし。
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓



ボウリング上達BOOK―ぐんぐんスコアがのびる













| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 21:11 | comments(0) | |
ダーツ入門―投げ方から各ゲームのルールまで完全解説!! (単行本) : 坂本 一郎




著:


みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:emue さん

これからダーツをはじめる人に
書店にダーツの本を買いに行き、これからダーツを始める初心者に分かりやすく書かれていて、かつ、デザインも洗練されていて読む気になるものを選んだら、これになりました。道具の選び方、ダーツの投げ方から、ゲームのルールまで、豊富な写真と絵で分かりやすく解説しています。巻末付録には、ダーツパブのお店リストもあります。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



ダーツ入門―投げ方から各ゲームのルールまで完全解説!!













| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 21:05 | comments(0) | |
ダーツ・ゲームブック (単行本) : JSFD




著:


みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:I さん

ダーツの全て
基礎知識からダーツの攻略法まで、フルカラーでたくさんの写真とともに
<br />分かりやすく載っています。
<br />特に写真やイラストがお洒落で、ダーツなんてやったことがない人も
<br />この本を読めば 『ちょっとやってみようかな〜?』などと食指が伸びてしまうこと請け合い。お奨めです。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


ダーツ・ゲームブック













| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 21:00 | comments(0) | |
ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫) (文庫) : ディーン・R. クーンツ (著), Dean R. Koontz (原著), 大出 健 (翻訳)




著:ディーン・R. クーンツ

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






感想:那波 さん

プロットとキャラクター設定が重要なのは、まさにこの本の言うとおりでしょう。
小説を書く際のテクニックを纏めた本です。なかなか参考になります。
<br />
<br />出版が今から20年以上前の本で、尚かつアメリカの出版事情などを取り扱っているので、そこらは余り参考になりません。
<br />

<br />読み物としての特徴は所謂、純文学を偉大な小説とせずにベストセラー小説の方を評価している点でしょうか。また後生にまで読み続けられるのは純文学ではなく、ストーリーテリングに優れた小説だと書かれています。
<br />
<br />個人的にはどっちの小説も何時かは必ず読まれなくなる日も来ると思ってるのですが、この本の主張は痛快ではあります。
<br />
<br />凄く役に立つ箇所と、疑問を覚える箇所に別れていますね。この本ではアクションの重要性について、やたらと言及してきますが、日本ではあまりアクションシーンが多くても受けないように感じます。逆にミステリー要素を持った本が売れるような気がします。個人的趣味にもなりますが、アクションが多い小説よりもミステリーに富んだ小説の方が好きです。世界的大ヒットになった「ダ・ヴィンチ・コード」などもそうでしたし。
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓



ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)













| 本 : 実用・スポーツ・ホビー_2 | 19:58 | comments(0) | |