SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
ブランドなんか、いらない―搾取で巨大化する大企業の非情 : ナオミ クライン (著), Naomi Klein (原著), 松島 聖子 (翻訳)




著:ナオミ クライン

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介: 1999年の11月、シアトルで開かれたWTOの会議に5万人の市民・活動家が集結し、激しい抗議行動を繰り広げた。テレビには、マクドナルドの店舗を襲う一部の人々の姿も映しだされた。なぜ5万もの人が集まり、そしてなぜ攻撃対象がマクドナルドなのか――。本書はその背景にある、いま欧米で盛んな反企業・反ブランド運動に迫ったドキュメントである。 <p> 標的はナイキ、シェル、ギャップ、スターバックスといった世界的に有名な多国籍企業のブランドばかり。本書はこうした企業が攻撃されるにいたった理由を3つの点から論じている。1つ目は、ブランド拡大戦略を掲げる企業のマーケティングに、文化や教育が取り込まれた、というもの。都市空間、メディア、音楽、スポーツのほか、学校や政治的表現の場も企業の進出によって歪められたと指摘する。2つ目は、企業が進める合併やシナジーにより選択肢が奪われた、というもの。意に添わないものを排除する企業検閲の存在も伝えている。3つ目は、外部委託、パート労働などの雇用形態にシフトする企業により仕事が奪われた、というもの。企業がアジアにもつ「搾取工場」の実態もここで暴かれている。 <p> 「そして反撃は始まった」とし、さまざまな形の反企業運動を取り上げている。なかでも著者は、インターネットを駆使する若い世代の活動家に注目。企業のマーケティングを逆手にとるような、彼らの洗練された方法を積極的に描いていく。シアトルでの抗議行動は氷山の一角、企業のグローバル化とともに反抗勢力も世界的にネットワークを広げている…。こうした世界規模の新しい現実が、見事に活写されている。 <p> 著者は1970年生まれのジャーナリスト。本書では自身の活動家としての側面も隠していない。独自に取材・調査したという箇所の説得力はやや弱く感じられるが、一方で、大企業のマーケティングを読み解く鮮やかさが印象に残る。世界的な反企業運動の全貌を初めてとらえたという点で、価値ある1冊であることは間違いない。(棚上 勉)






感想:snowwild さん

ブランドを冷静に見つめる上で欠かせない本だ。
とても難しい、でも価値ある内容です。
<br />ただブランドというものが否定されすぎでは?という内容でもあります。
<br />ブランドというよりは権力への怒りでしょうか。
<br />でも已然にお金持ちはブランドで食べて、そうじゃない人は体力で食べるのが
<br />今も昔も変えられない。でもそれぞれには(非道徳なことは別として)
<br />世界というのもあるし複雑です。
<br />本当の意味で選ぶ自由とはなにか?を真剣に感じる一冊です。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


ブランドなんか、いらない―搾取で巨大化する大企業の非情













| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 09:43 | comments(0) | |
7つの習慣―成功には原則があった! : スティーブン・R. コヴィー (著), ジェームス スキナー (著), Stephen R. Covey (原著), 川西 茂 (翻訳)




著:スティーブン・R. コヴィー

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点




内容紹介: 本書は1990年に初版が出版されたときにセンセーションを巻き起こしており、以来1,000万部以上を売り上げ、ビジネス書として今でもベストセラーを続けている。著者のスティーブン・コヴィーは、国際的に高い評価を受けるリーダーシップ研究の第一人者。真に成功を果たすには個人としての有効性と職業としての有効性をバランス良く備えることが重要だと認識しており、それを反映して本書は、この2つの領域でより効果的に行動するための手引書となっている。ここで引用される具体例では、ビジネス上の課題を題材にしたものと同じくらい家庭内における状況を数多く取り上げている。<br> 7つの習慣を身につける前に、コヴィーが「パラダイムシフト」と呼ぶところの、世の中の仕組みに対する認識と解釈の転換をまず実現する必要がある。著者はこの転換の実現を支援し、生産性、時間管理、前向きな思考、「予防的に働く筋肉」(何かに反応するのではなく自発的に行動すること)の開発など、他にも多くのことに関する認識と行動に影響を与えている。<br> 本書は明日からでも実践できることを謳い文句にしたヒント集ではない。そのコンセプトは時に複雑であるため、流し読むのではなく、じっくりと腰を据えてここから学び取りたいと感じる筈である。読み終えたときには、どの章にも付箋や手書きの注釈が数多く残され、コヴィーの集中セミナーに参加したような充実感に満たされることだろう。(Joan Price, Amazon.com)





感想:至高の豚 さん

今になって読むと
以前読んだ時のことは、あまり覚えていませんが、今になって読み返すと、自分のことより
<br />
<br />子育ての教育論に見えてきます。
<br />
<br />この本には、親子関係の話も多く出てきますが、どうしてもそこに目が行ってしまいます。
<br />
<br />父親として、自分は本当に、息子の気持ちを理解しているのか。
<br />
<br />反省あり、後悔あり、ですが、自分の息子に対する態度は、いかにあるべきかは
<br />
<br />よく見えてきます。
<br />
<br />本の内容は、あっちへ行ったり、こっちへ来たりで流れは読みにくいと思いますが、
<br />
<br />何度も出てくる「依存」、「自立」、「相互依存」と7つの習慣の関係を表した
<br />
<br />構造表(紋章のようにも見えますが)を考えながら読むと、今、全体のどの部分を読んでいる
<br />
<br />のか、位置づけはっきりわかります。
<br />
<br />私には少し遅すぎたかもしれません、息子に読ませるには早過ぎるでしょう。
<br />
<br />私が息子の代わりになって再読し、親関係をよりよいものにし、息子の将来に道を開きたい
<br />
<br />と思います。
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓


7つの習慣?成功には原則があった!












| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 23:26 | comments(0) | |
サマンサタバサ 世界ブランドをつくる : 寺田 和正




著:寺田 和正

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:naonao-703 さん

サマンサタバサであるがために
サマンサタバサの名前の由来については秘密のままだけど、
<br />寺田和正の稼業精神に触れることが出来る本。
<br />日本人が海外で外国人からサマンサタンバサのバッグを見て羨ましがれれるブランドにする確固たるポリシーが一番印象的だった。
<br />本は前半が寺田和正がサラリーマン時代を通じてサマンサタバサを起こすまで、何を吸収してきたのかが伝わる。
<br />後半はサマンサタバサに対する思いと、企業としてこれからの方向性が描かれていて、読者としては本当に実現出来るか傍観してしまう。

<br />各章毎に写真が掲載されているので、サマンサタバサの純粋なファンに嬉しいサービスもあり。
<br />
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓


サマンサタバサ 世界ブランドをつくる














| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 19:15 | comments(0) | |
手づくり雑貨の売り方手帖 : こけしマッチ制作所




著:こけしマッチ制作所

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:平八郎 さん

夢へのガイド♪
近い将来自分も、作品を色々な所に出していきたいと考えていたのでとっても参考になりました。工場への発注での失敗談や、ネットショップを開く際のアドバイス、既に活躍されている作家さんとのお話などかなり勉強になりました。夢へのビジョンがより鮮明になりやる気が出ます!



ご購入はこちらからどうぞ ↓



手づくり雑貨の売り方手帖













| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 22:01 | comments(0) | |
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める : 築山 節 (著)





著:築山 節

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:肉蝮 さん

子供の躾とかに役立ちそう
整理整頓をする、食事は腹八分目に、睡眠はきちんととる、面倒な事を率先して取組む等、子供の頃から耳にタコが出来るほど聞いた、良くある「躾」のような内容ですが、どれも脳機能という視点から見て大変有益な行動だと分かって、やはり先人たちの教えは偉大なのだなと思った。著者の提案は本当にあたりまえの事ばかりなので実行にも移しやすく大変実用的です。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)













| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 14:35 | comments(0) | |
仕事は楽しいかね? (単行本) : デイル ドーテン (著), Dale Dauten (原著), 野津 智子 (翻訳)




著:デイル ドーテン

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介: 出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。 <p> 本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。たとえば老人は「目標を立てるな」という。「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、軌道修正もできないと反論する。しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。 <p> 試すこと、日々変化が必要であること、偶然を見落としていること…。本書のこうしたメッセージは特別なものではないが、それを痛切に感じさせる語り口が独特である。「多くの人は他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしている」などは、自分を振り返らせるのに十分である。 <p> 物語仕立てのビジネス啓発書としては「短編」の部類に入る本書。シンプルながら味わいのある1冊である。(棚上 勉)






感想:フォトリーダー&マインドマッパー さん

独創性とチャレンジ精神
 少し抽象的な表現が多いですが良書です。
<br />
<br /> 世の中に失敗なんてない。何度も成功するまでTRYすればよい。たとえそのとき負けても人生に影響を与えるような重大な取り返しがつかない失敗なんてほとんどない。だったら何度も試行する人がトク!!!
<br />
<br /> 会社で働く姿勢を変えさせてくれた大切な1冊です。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



仕事は楽しいかね?













| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 21:03 | comments(0) | |
冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 日経ビジネス人文庫 (日経ビジネス人文庫) (文庫)




著:ジム・ロジャーズ

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:kabukaku さん

通貨の原則を知る
「大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代 」の著者でもあるジム・ロジャーズの冒険記1作目。村上龍氏、絶賛。面白い
<br />
<br />「冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 」を読んだ後に、本書を読んだためそこまでの新鮮味はなかったものの、変わらず、ジム(親しみを込めて呼び捨て...)の鋭い世界観を窺い知ることができた。旅行記としても面白く、ビクトリア瀑布やイグアスの滝など、世界三大瀑布に興味を持つことができた。海外旅行にいく前に、ジムの世界観をあらかじめ確認してから行くと、実り多き旅になるだろう。
<br />
<br />特に、自国の通貨(米ドル)と他国の通貨に対する洞察には脱帽です。外貨を得ることの意味をいまいち理解していませんでしたが、本書を含め、冒険記2作を読むことで、単純に海外から何かを買うことができなくなる、というシンプルな原理が分かってきました。

<br />
<br />村上龍氏の解説で心に残ったジムの言葉  "人生は短い。遠くまで行け。そして深く考えよ"



ご購入はこちらからどうぞ ↓


冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 日経ビジネス人文庫 (日経ビジネス人文庫)














| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 21:02 | comments(0) | |
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術 (単行本(ソフトカバー)) : ジョセフ・シュガーマン (著), 金森 重樹 (翻訳)




著:ジョセフ・シュガーマン

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






感想:Gentry-Style さん

面白いけど。
自分の文章を「読んでもらう」ために、
<br />「どのように文のつづり方を工夫するか?」
<br />というポイントが書かれている本。
<br />
<br />「自社で扱っている商品の価値を上げるために、

<br /> どのように文章をひねればいいか。」
<br />
<br />「どういった構成で綴れば、
<br /> 消費者は”続きを読もう”と思えるか。」
<br />
<br />「ネットショップや紙面にて
<br /> 消費者の期待感をあおり、
<br /> 商品購入に至るまでにテンションを上げる方法」

<br />
<br />等、人の心をつかむ技術が豊富に掲載されています。
<br />
<br />
<br />
<br />以下は私が気になった点です。
<br />
<br />著者がアメリカの方なので、
<br />キャッチコピーや文章の構成が

<br />若干アメリカナイズ(?)過ぎる気がしました。
<br />
<br />(著者の考えた「例文」「商品説明文」などを読むと、
<br /> 深夜テレビなどで放映されている
<br /> 「外国製品通販番組」を見ている気分になりました。
<br />
<br /> たとえば、ビリー…とか。
<br /> ミキサーとか…。

<br /> 「これはすごい!」という”ノリ”を感じました。)
<br />
<br />テレビのように映像付のものだと、
<br />この本の技術は活用できると思います。
<br />ただ、紙面やネットショップなどでの商品説明に利用するなら…
<br />
<br />日本でコレの技術を試してみると

<br />嘘っぽく感じる人もいるのではないかな?
<br />と思いました。
<br />
<br />
<br />「アメリカっぽい」のも読みなれると、
<br />それはそれで面白いんですが…、
<br />実際に運営しているネットショップで試すには勇気が入るなと…(汗
<br />(私にはできませんでした…汗)

<br />
<br />話のネタにはなりました。
<br />☆4つ。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術














| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 08:06 | comments(0) | |
寝る前の3分でチャンスをつかむ自問力―あなたの人生を変える言葉の習慣 (単行本) : 臼井 由妃 (著)




著:臼井 由妃

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:nyanko さん

なりたい自分になる「具体的な」方法が分かる
一般的に質問とは、自分から他人へ投げかけるものを指す。
<br />しかし本書で語られているのは「自分から自分へ」投げかける質問だ。
<br />どんなタイミングで、どんな言葉を投げかけたらいいのか、
<br />分かりやすく具体的に解説されている。
<br />

<br />質問は、誰でも・いつでも始められるのが大きな魅力だ。
<br />お金も道具も、テクニックも要らない。
<br />
<br />本書によると、私は“夜の質問”が向いているタイプらしい。
<br />『その日にあった良かったこと』をひとつでも思い出すだけで、
<br />気持ちが前を向く。ぐっすりと深く眠ることができる。
<br />
<br />たかが質問、と思うなかれ。

<br />「寝る前の3分間」のチカラをぜひ体験してほしい。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


寝る前の3分でチャンスをつかむ自問力―あなたの人生を変える言葉の習慣













| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 22:58 | comments(0) | |
エルメス (新潮新書) (新書) : 戸矢 理衣奈 (著)




著:戸矢 理衣奈

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






感想:たーぼお さん

軽妙・平易なブランド論
デフレ社会と言われて久しい今日この頃、モノを作る会社は「いかにして売価を維持するか」に腐心していると思います(かくいう私もその一人です)。本書は「エルメス」という会社を例にして、エルメスが如何にして自社ブランドを維持する努力をしているかを、平易な表現におしゃれのエッセンスを加え(隠し味として辛みが少しはいってますが)限られたページ数の割りには良く纏めてあると思いました。製品も顧客層も全く異なるので、100%参考になるわけではありませんが、自社の製品価格を維持するためのヒントは読みとることができました。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



エルメス (新潮新書)













| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 07:33 | comments(0) | |