SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
【002】集中力のないビジネスマンにうってつけ
前回の喫茶店での速読学習はいかがだったでしょうか。
私自身の活用法です、参考にして下さい。

今回の記事は前回の記事と関連しています。
喫茶店での速読に取り組むようになると、最初は隣の席の会話やグラスの音なんかが気になって集中しにくいかもしれません。

「集中できない…」


Question→外部の音に神経を悩まされず、速読に没頭する方法とは?

Answer→まずは気楽に気負わずに、コンビニの雑誌を立ち読みするようなスタンスで読み進めてみて下さい。集中できなかったら、時々深呼吸するのも効果的でしょう。


それでも集中できないかたへ……、読書時の姿勢はどうですか?

それでも集中できないかた……、その本、本当に読みたいですか?
どうしても読む気がしないのなら、思い切って読まない決断を下すのも一考に値します。

時間を置いて、速読のモチベーションを意識するのもOKです。(なぜ、速読しようとしてるのか、ここでの速読の効果は何が期待できるのか、いつ、何時までにこの本を読み終えてしまおうか…等等)
或いは集中していないと自覚しつつも忍耐強く速読に励むのもいいでしょう(私は特に、英文速読を始めた最初の頃にやっていました。忍耐強くやればいつかは慣れるだろうと考えたのです)。物事には試行錯誤がついて回るものですから。

これで速読に没頭できること間違いなしです。


最後に集中を阻害する空間について考えてみます。

なぜ人は読むときに集中しずらいのでしょうか。環境がダメなんでしょうか?空間の音響に関して考えます。

現代において読書に最適な静かな場所というものはなかなか見当たらないです。
町の図書館も原則私語禁止ではあってもいつでも声や音は聞こえるものですし、田舎もテレビやラジオの音が鳴っています。

仮に、無音室内で速読を試みたとしても、音の一切響かない、重苦しい空間で集中を研ぎすますことは困難です(入ったことがない人には体験することをお勧めします。独特の空間です、オペラシティにありますよ)。

…音の有無と集中すること自体はあまり関係ないといえます。

もちろん机の上や、部屋の中が散らかっていたら集中する気持ちが半減するかもしれません。

しかし!読書に集中するということはあなたの視界には本の字面しか映らない筈です。
速読に慣れれば、喫茶店でも騒がしい所でも、どこででも出来ます。
| 英語・日本語速読vol.1 | 00:00 | comments(0) | |
【001】読書する時間がない、そんなあなたにうってつけの方法
喫茶店で読む。

これに尽きます。
「喫茶店?んなばかな。それで速読できたら苦労せんわ」
や、最後まで読んでいただきたいです。


これは自己管理、モチベーションとも深く関わる問題です。
学生と違いビジネスマンには時間がないです。でもお金は多少なりとも、あります。

そこで!時間と空間をお金で買うんです。

読む「標的」に定めた本・雑誌を抱えて喫茶店に入ります。余計な周囲への気配りも不要なので格好の学習所になります。



しかし…
喫茶店の内観は暗すぎてはダメ。

明るすぎてもダメ。

職場近くは会社仲間が気になるからダメ。

喫煙可能もダメ。
集中状態が散漫になります。余計な神経を使う場所はダメなのです
(愛煙家は全フロア禁煙のスターバックスあたりで速読しちゃいましょう)。

速読するというのはかなりスタミナを要するものです。



まず、最初は質よりも量を優先します。少々わからない言葉が出てきてもあまり気にしないで前後関係で内容を推理して読み進めましょう。

キーとなる言葉と思うものはメモしてあとで辞書を取るのもよいですね。確実に身となる学習姿勢です。
黙々と速読を続けると自分の中での読解力が自然と鍛えられます。


繰り返しますがビジネスマンには時間はないです。時間がないと、投入した時間と空間に対する見返りを求める真剣度は俄然、高くなります。


人は常に窮地に立たされたときの方が真剣さの緊張度が高くなります。
飢餓感の薄い人などよりも格段に学習した成果に差が現れてきます。

自らの「モチベーション」を管理するのです。


決してタダで取り組んでいる読書、と思うのではなく、喫茶店は自らが決意して投資した、情報を吸収する場、であると意識するのです。

もっと自分を追い込んで、一日に最低1時間内に最低○ページ読むという誓いも心に刻むのです。メモに書き込んでもいいでしょう。

自分を自堕落であると思うのならば周囲の人間に、速読をやること、
その量を、身近な人の前で誓うと、恥をかきたくないと思う自分をより奮い立たせることになるはずです。




※当ブログは下記ブログランキングにも参加しています。
ブログランキングranQ
| 英語・日本語速読vol.1 | 23:53 | comments(0) | |