SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< 耳の聞こえない子がわたります | main | なぜ、めい王星は惑星じゃないの?:科学の進歩は宇宙の当たり前をかえていく : くもん出版 >>
ブルーバック : さ・え・ら書房 ティム・ウィントン
著:橋本 礼奈
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:pommier_pomme さん

わかるなあ
自分は海で生まれたわけじゃないけれど、ド田舎育ちだからか、こういう、自然を心から愛する心は分かるつもりだ。
地球には、今、確かに異常が起こっている。その場所にいるはずのない生き物が現れたり、大量に発生したり、または大量に死んだり、絶滅したり・・・
人間が営みをはじめてまだ間もないというのに、何億年もかけて育まれた美しい地球の生命は、今、確かに危機に立たされている。
環境保護の知識は使い古されて、どれも陳腐で人の心に響かない。
それが、この小説に登場するブルーバックという大きな、やさしい、もの言わぬ魚を通して見て見るとどうだろう。そのしずかな視線は心に突き刺さる。人間を責めることも無く、ありのままを受け入れて生きながらえてきた大きな魚。その存在感は大変に重たい。
主人公の少年は、たくましい母と大きな魚に包まれてのびのびと大きくなった。彼は成長し、一旦は学者として世界を飛び回り故郷を離れる。しかし、また故郷へ戻ってくる。頭でっかちに環境保護を考えるのじゃない。その土地に住み、その土地のものを食べ、その土地の生き物と共に生きる。それこそが、本当に心から環境をまもるということなのかもしれない。


現代の子どもたちに是非一読してもらい、この本を通して、使い古された、ありきたりな知識ではあらわされない、生きた自然を心に感じて欲しい。


もっと読む ↓

ブルーバック

| 本 : 幼児・児童向け_2 | 09:53 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/998293