SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上 | main | 素数に憑かれた人たち ~リーマン予想への挑戦~ >>
無限の天才―夭逝の数学者・ラマヌジャン
著:Robert Kanigel
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:とむシグマ さん

読んで後悔なし
第一次大戦前後に活躍したインド人数学者の伝記。我流で数学を学び、独自の記法を使いながら、特に無限級数に関する発見を続けていく。著名な数学者に自らを売り込む努力をした結果、数学者ハーディにその才能を見出され、イギリスに留学する。無限級数の和などを他の数学者ならば形すら想像つかないものを、証明は二の次で次々と言い当てていく。しかしながら、結核に冒され、僅か32歳で夭逝する。病床においても彼の最高傑作であるといわれる擬テータ関数を発見する。彼がもっと長生きしていたらと、多くの数学者に惜しまれている。
ラマヌジャンの名すら知らずこの本を購入。小さな字でぎっしりと書かれた伝記であり、背景がやや過剰なくらい詳しく書かれているので、途中で挫折しそうにもなったが、結局はハマッて数日で完読。5500円もの投資に後悔なし。
筆者が言及している通り、努力してなる天才と、超越した天才があることが良く分かった。



もっと読む ↓

無限の天才―夭逝の数学者・ラマヌジャン

| 本 : ノンフィクション_2 | 08:08 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/967147