SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< ミクシィの歩き方 | main | 合気道の奥義―呼吸力・勁力を体得する! (単行本) >>
赤ちゃんの死を前にして―流産・死産・新生児死亡への関わり方とこころのケア




著:竹内 正人

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:しよこ さん

ひっかかっていたことが、やっととけました
医療者の方に向けた本のようですが、体験者にとっても貴重な本だと思います。
<br />私はずっと「病院スタッフにとっては全部通常業務で、流産なんてどうってこともない事なんだろう」と思っていたのですが、そうではなかったんですね。
<br />こんな風に考えてくださるお医者様が増えて欲しいと、心から願います。
<br />
<br />身内からの見当違いな励ましや間違った気遣いの理由さえも、わかってきた気がします。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


赤ちゃんの死を前にして―流産・死産・新生児死亡への関わり方とこころのケア













| 本 : 医学・薬学_2 | 20:39 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/730405