SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション | main | 長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは >>
最初に父が殺された―飢餓と虐殺の恐怖を越えて




著:ルオン・ウン

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:カンボジアの首都、プノンペン。<br>ルオンは汁麺の匂いが漂い、オートバイや小型自動車の騒音があふれる活気のある街が大好きな、好奇心おう盛な少女だった。<br>1975年4月17日、ルオンが5歳のとき、ポル・ポト率いるクメール・ルージュがプノンペンを制圧、富と貧困の象徴とされた街は瞬く間に廃きょと化す。政府の高官を父に持つルオンの家族もプノンペンの家を追われ、素性を隠しながら強制労働キャンプで飢えと虐殺の恐怖におびえる日々を送る。しだいに家族は散り散りになり、ルオンは最愛の父、母、二人の姉妹を失うことになる…。<br>本書はポル・ポトの恐怖政治下を生き抜き、10歳で難民としてアメリカに渡った少女の手記である。プノンペンからの移住を強いられたとき、著者はたったの5歳だった。それなのに彼女の周りで繰り広げられた虐殺、飢餓、レイプの描写は痛々しいまでに鮮やかだ。あまりにも過酷な時代を生きたため、ルオンの記憶はトラウマとなって彼女の脳裏に焼きついたのである。<br>現在、著者は「ベトナム退役軍人アメリカ基金」のプログラム「地雷廃絶キャンペーン」のスポークス・パーソンとして、戦争終結後も人々の命を奪いつづけている地雷の廃絶活動をしている。生き残った自分に課せられた義務として、米国内外で地雷やポル・ポト時代のカンボジアについて講演をしている。積極的に活動することで家族を殺害されたトラウマを克服しようとする著者のたくましさは、本書で描かれている少女時代のルオンの姿からも、読み取ることができる。「デッド・マン・ウォーキング」の著者、シスター・ヘレン・プリジーンが「勇敢な少女兵士は私たちに大きな勇気を与えてくれます」と本書を賞賛しているように、生きるために過酷な運命と戦う幼いルオン姿に、感動を覚えない読者はいないだろう。(野澤淳子)





感想:うさこ さん

読む価値あり
ポル・ポト時代の虐殺の歴史は、カンボジアの人達個々それぞれの記憶・思いがあるだろうから「絶対これがお勧め」とは言えず、ゆえに評価は満点にはしませんでした。<br>1975年にに自分が生まれていたこともあり、大変興味のある歴史です。<p>著者の冒頭の言葉に「この時代にカンボジアに生きていたらこれはあなたの歴史になったかもしれない」という意味の言葉が載っていたけど、正にその通りだと、読み終わった時に感じました。<br>そして、どんなに複雑で残酷で救いのない世の中でも、抹消されないのは愛だと、この本を読んで心底思いました。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


最初に父が殺された―飢餓と虐殺の恐怖を越えて













| 本 : ノンフィクション_2 | 00:24 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/710336