SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< Podcasting Hacks―構成、録音、発信の必須テクニック | main | お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 >>
ジム・ボタンの機関車大旅行 : ミヒャエル・エンデ (著), 上田 真而子 (著), Michael Ende (著)




著:ミヒャエル・エンデ

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:タック さん

ほんとうにいいやつだなあ〜!
 本書を原作に日本でアニメーションが作られたのを記憶している人は
<br />もう結構な大人の世代でしょう。
<br />僕はそのアニメをうっすら覚えていて、最近有名な童話作品だと知りました。
<br />まさかあのエンデの作とは・・・!
<br />そういうわけで大人になってから手にした本書ですが、何カ所もグッと来てしまいました。

<br />少年ジムボタンに機関士ルーカスは言います。
<br />「お前は本当にいいやつだなあ。」
<br />そんな台詞が本当に素直で、なんだかたまらない気持ちになります。
<br />
<br /> 個人的に面白かった点は、胸のボタンを投げる必殺技を持つアニメ作とは全然違ったこと。
<br />機関車に乗って旅をするというところ以外は何も似ていませんでした。
<br />「はてしない物語」といい、エンデ作品の映像化は原作とはかけ離れたものになる
<br />傾向が有るのかもしれないと思ったのでした。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


ジム・ボタンの機関車大旅行













| 本 : 幼児・児童向け_2 | 22:50 | comments(0) | |









トラックバック機能は終了しました。