SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< 猫のエイズ―FIV感染をめぐって (集英社新書) (新書) : 石田 卓夫 (著) | main | 「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方 (単行本(ソフトカバー)) : 駒崎弘樹 (著) >>
談志絶倒 昭和落語家伝 (単行本(ソフトカバー)) : 立川談志 (著)




著:立川談志

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:ドートマンダー さん

三丁目の夕日に染まる寄席の佇まいが目に浮かぶ
この本はいくつもの顔を持つ。田島謹之助さんの貴重な噺家達の写真集、という顔。そしてそれぞれの噺家についての家元談志師匠の鋭くも愛情豊かな解説。まさにそれはよき時代と噺家達への恋慕を語るエッセイの佳作といえる。そして、その解説の内容をよく読めば、当時の噺家とネタについての家元の批評が現代落語界への風刺にもなっており、優れた落語評論である。そして、「あの時代に、三丁目の夕日が朱に染まった寄席に、こういった噺家さん達が間違いなく存在したのだ!」という歴史書の側面だってある。読み進むうちに、膨大な写真集を目にして「この歴史は残さねば、今のうちに生きているうちに語っておかねば」という家元の執念までも感じさせる落語愛好家必携の書。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



談志絶倒 昭和落語家伝













| 本 : エンターテイメント_2 | 21:34 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/678009