SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< 元刑務官が明かす死刑のすべて | main | 走ることについて語るときに僕の語ること (単行本) : 村上 春樹 (著) >>
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687) (新書) : 梅田 望夫 (著)




著:梅田 望夫

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:ニャンゴロ(rakugaki) さん

次なる提示
「こちら側」「あちら側」でWEB2.0の確固たるイメージを示した著者が新しい提示を行った一冊。
<br />
<br />「もうひとつの地球」が今回のキーワード。
<br />
<br />インターネットがより確実に世界に浸透している。

<br />様々な情報が集まっている。そこで行われるコミュニケーション。
<br />
<br />より便利なものから、確実に新しい世界として結実しつつある世界。
<br />それが「もうひとつの地球」という言葉で実を結ぶのだろうか。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)














| 本 : コンピュータ・インターネット_2 | 01:40 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/662682