SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< アートナビゲーター3級検定試験想定問題集〈2004年〉 (単行本) : 谷川 渥 (編集), 三田 晴夫 (編集), 高島 直之 (編集), 本江 邦夫 (編集), 横山 勝彦 (編集) | main | すぐわかる 画家別抽象絵画の見かた (単行本) : 本江 邦夫 >>
オディロン・ルドン―光を孕む種子 (単行本) : 本江 邦夫 (著)




著者:本江 邦夫

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:セシル さん

ルドンの真髄が見える1冊です
 ルドンは木炭や版画によって、怪物や人面花などを頻繁に描き、怪奇的な妖しい画風の画家だと思われがちだが、その反面、鮮やかな色彩の花や女性が幻想的に表現される。この書では、この〈暗黒〉と〈色彩)を結びつけるものは何かをわかりやすく説いている。頽廃的なイメージとは程遠い、真摯に対象と向き合うルドンの人柄が浮かび上がり、思いのほか、冷静な目を持ち合わせていることにも気づかされた。
<br /> 色彩に転じても、やはり〈黒〉が彼の表現の中には生き続けているのだと改めて認識できる。怪物は奇をてらったものではなく、人間と同様、〈命あるもの〉として、愛情こめて描かれている。そう思ってルドンの絵を見直せば、怪物たちの悲哀や情念がより近しく感じられるような気がする。
<br /> ただ、資料となる書簡や研究書が限られているためか、あくまで、本江氏の主観が強く入っているであろう事は加味して読み進めていく必要はあるだろう。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



オディロン・ルドン―光を孕む種子













| 本 : アート・建築・デザイン | 01:16 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/620922