SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< いつでも使えるパソコンイラスト1800―カード、はがき、名刺、シール、お知らせに | main | だってだってのおばあさん : さの ようこ >>
属人思考の心理学―組織風土改善の社会技術 (組織の社会技術) : 岡本 浩一 (著), 鎌田 晶子 (著)




著者:岡本 浩一

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:nobu2002 さん

体育会系にありがちな
リーダーシップの種類として、いくつか分類されているが、ここではそのひとつの形態としてある。
<br />ここでは「○○さんのおかげで」というような発言が、属人的思考によるの表れと解釈してよい。こうすることによって、職位によるリーダーシップの発揮なのか、個人の人格(本書ではこの表現をしていないが)に依存するものなのかの混乱がおき、強引な上位下達につながることの危険を論じている。
<br />最近不祥事があった企業のケースが書かれているが、あまりにも通り一遍なケースで、属人的な議論とはやや浮いた感じがあり、この点については若干の不満があるが、全体として極めて興味深い。
<br />属人的の概念については、伝統的な根性論を振り回す体育会系を思い出してしまった。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


属人思考の心理学―組織風土改善の社会技術 (組織の社会技術)













| 本 : 人文・思想 | 17:13 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/618325