SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< 国際紛争―理論と歴史 : ジョセフ S.ナイ・ジュニア (著), 田中 明彦 (翻訳), 村田 晃嗣 (翻訳) | main | わにとかげぎす 1 : 古谷 実 >>
マルクス・エンゲルス 共産党宣言 : マルクス (著), エンゲルス (著), Karl Marx (原著), Friedrich Engels (原著), 大内 兵衛 (翻訳), 向坂 逸郎 (翻訳)




著者:マルクス

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:H-JAM さん

やはり歴史的に見て重要な一冊
書いてある内容はご存知の通り共産主義に関するもので、封建主義から資本主義へと移ったヨーロッパ世界が共産主義へと移行すべきである、というマルクスの主張とその理由が述べられている。共産主義がほぼ完全に崩壊した現代から見ても理論上時代遅れなものではない。が、かと言って歴史がその失敗を見ている以上、これは所詮歴史的書物と言わざるを得ない。
<br />本書が20世紀を揺るがした重要書物であることは間違いない。教養を深める意味でも、是非ご一読していただきたい一冊です。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



マルクス・エンゲルス 共産党宣言 (岩波文庫)













| 本 : 社会・政治 | 05:52 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/608870