SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< ヤン・シュヴァンクマイエル アリス : ヤン・シュヴァンクマイエル | main | 北欧神話物語 : キーヴィン クロスリイ・ホランド >>
オテサーネク : Eva Svankmajerov´a (原著), Jan Svankmajer (原著), 矢川 澄子 (翻訳), エヴァ シュヴァンクマイエロヴァー (著), 池内 紀 (著), ヤン シュヴァンクマイエル (著)




著者:Eva Svankmajerov´a

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:makix さん

国際色豊かな作品
 数々の異国の民話が絵本化されているものの、チェコのものは、特に異色であると思うのは私だけであろうか?ねっとりと付きまとう閉鎖的な空気、声高には話せないような、どこか秘密めいたお話。<p> この絵本、オテサーネクは、子供に恵まれない夫婦が木の根をこどもにみたてて育てることからお話が始まる。絵・文は、アリス等で著名な映画監督、ヤンシュヴァンクマイエル、その夫人が担当しており、彼女は夫が監督である同名の作品では美術を担当している。彼女の描く絵は人形的な骨組みで、違和感もあるが、色使いなど、妙にリアリティ溢れていて、現実と否現実の境界線をぼかしたような感じ。それが、木の根から生まれた「オテサーネク」になおの不気味さを与えている。子供が読めば、単純に怖い話なので、ハッピーな絵本に飽きたこどもなどに与えても面白がるだろう。大人ももちろん、違った意味で楽しめるはず。後書き、前書きも大人向けに書かれており、読み応えがある。<br> 



ご購入はこちらからどうぞ ↓



オテサーネク













| 本 : 幼児・児童向け | 22:18 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/605058