SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< 踊り明かしたあとに見える風景〜村上春樹/ダンス・ダンス・ダンス〜 | main | 壁を破る言葉/岡本太郎 >>
白い人・黄色い人/遠藤周作
この本を原因の分からない苛立ちに悩まされる10代の人たちに特にオススメします。
もちろんいろんな人に一度、考えながら読んでほしい作品です。

或いは、通俗的な拷問シーンに興奮を覚える方が読んでも、その文脈の範囲内だけで楽しめるかもしれません。


作品の舞台設定は第二次世界大戦前夜、ナチスが台頭し、まさにパリ侵攻を敢行するときです。

作品の見所としては、そういう歴史的側面よりも、外的環境がもたらした、拷問とか強姦とかいった野蛮で非人間的な行為よりも、精神的に病んだ主人公の心理描写に注視すべきです。


作者の遠藤周作さんは、ゲシュタポの通訳として働く主人公の精神の欠落の要因を幼児期の家庭環境に見ています。

彼のこころの堕落に、「神の不在」というカトリック作家特有の言説も聞き取ることは、可能です。


しかし、少なくとも「白い人」に関しては単なる「神」だけの問題ではありません。

不条理とか、理不尽とか言ったカフカに通じるような得体の知れないモノのよって突き動かされる現代の人間のこころの闇の深さについて、熟考すべきです。

主人公は、それを過去の映像的記憶に重きを置いています。


サディスティックな描写は、はっきり言って…凡庸です。

これは単に読者の好奇心を駆り立てる装置に過ぎません。

欲望や信仰といったテーマと直接絡むものではないです(大江健三郎の初期の作品、『芽毟り仔撃ち』と似た匂いを嗅ぎ取ることが可能です。暴力という匂いですネ)。

悲しいかなこの小説は、信仰や欲望への問題提起のレベルまでで立ち止まっているような気がしてなりません。

そんな偏屈なことを言ってもやはり、ユニークな作品です。

主人公の精神を考察し、自身の苛立ちと照らし合わせたりすると、面白い発見があるかもしれません。


加害者、被害者の立場というものは、常に流動的です。

自己犠牲の偽善、自己陶酔の欺瞞、という風にも解釈できます。

遠藤さんの作品ではやっぱり「海と毒薬」が大好きです。

エッセイも充実しています。

普段日常生活を暮らす上ではなかなか深く思考することが困難な信仰の問題を現代に置いても論じようと試みた彼の姿勢には恐れ入る、の一言です。


白い人・黄色い人
| 速読家の読書感想 | 15:32 | - | |