SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< 【003】英会話教材を買うのは、無駄 | main | 【005】上手い本の選び方〜駄本を一切読まないために〜前編〜遅読克服編〜 >>
【004】速読の実生活への応用
前回は、



  • 英会話の能力向上を図る上でもいかに速読が有効であるか
  • 単なる暗記がいかに不毛であるか
  • 真に知性を養う上で速読が、長期的に見てどれだけ学習に強力であるか



以上のことをお伝えしました。いかがでしたでしょうか。

今回は実生活に目を向けてみましょう。
速読法とは単に速く読書できるだけではないんですね。
大幅な情報処理能力の拡大に貢献します。

端的にいえば、素晴らしい読書能力の世界が手に入ります。

これは自ずと実生活のレベルにも反映されます。
例えば、会議、ミーティング、講習、プレゼンのときに配布される資料の通読への即戦力になります。他にも資格、試験、書類作成、分厚い説明書の読破…といった実務レベルでの活用が挙げられます。趣味としても読書、調べものの際に必ず活きてきます。


読む、だけでなく話す立場になってもその効果は十分に発揮されます。
ビジネスの場面ではあなたという人材を効果的に売り込むことへ繋がります。

速読能力を通じて広範囲に本を読みその情報をよく咀嚼していれば、話題も豊富であなた自身話すことが楽しめ、周りの人たちも興味を持って接してくれるでしょう。

思考する能力を考えてみても、頭の中で物事を関連づけ体系づけて、相手に分かり易く話すことが出来るようになります。
相手に分かり易く物事を伝えるということは、とても大事な能力です。
これはコミュニケーション能力の向上です。


最大の収穫は速読を通じて、リラックスした状態で集中できるようになるということです。
自分の持ち得る能力を大事な場面場面で100%発揮できる意識があなたの中に根付き、その状態が恒常化します。

仕事の処理能力ひとつをとってみても、見違えるようによくなります(その変化はなかなか自分で実感できないでしょうが、周りの人は敏感に気づくはずです)。自己内革命と言っても大げさではないと思います。
| 英語・日本語速読vol.1 | 00:08 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/119770