SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
<< ブラックホールを見る! | main | イケメンバンク >>
台風学入門
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:daphnetin さん

台風を中心とした気象情報の解説書
TVでも天気予報コーナーを担当している著者が台風の発生海域・メカニズムから
過去の台風災害の事例を参考にして台風に対する備えまでを広く網羅する内容を
盛り込んだ書になっており、この本を1冊読めば十分に梅雨〜秋雨の時期を中心とした
気象と台風の関係を基本的な情報として理解することができます。
また、2004年には日本に接近した台風10個、上陸した台風10個と過去に例が
無いほどの台風の当たり年でしたが、これらを地球の温暖化に関連して考察されており、
今後50〜100年のスケールで考えた場合の台風災害の傾向と対策が明解にされています。
特に難しい用語も無く、中学校で習った程度の理科知識があれば、楽しみながら
本書を読み進めて台風を軸にした気象情報の見方を身につけることができ、
これにより、ニュースで得られる気象情報の聞き方も随分と変わると思います。
また、著者が気象の専門家である立場から最近の被害事例を題材にして、行政の
非難情報などを出すタイミングに対して厳しい意見が述べられており、関係者も
本書のような内容を一読いただけるとよいのではないでしょうか。



もっと読む ↓

台風学入門―最新データによる傾向と対策


| 本 : 科学・テクノロジー_2 | 07:59 | comments(0) | |









http://txt.bearbier.com/trackback/1035270