SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
関根勤の妄想力 東へ
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:あんず太郎 さん

妄想の先駆者
〜妄想力〜
これは頭の回転が早い(キレる)のと同じことだと思います。
例えば、即妄想のクダリで、お題を出された瞬間に、妄想→ストーリー完結まで一挙に浮かび上がるのは…さすがの妄想王っぷり。本当に尊敬します。
その独自の世界観で、1週間のデートプランから顔妄想まで全部面白かったです。


機会があったら是非ご覧ください。幸せな気分になれます。


もっと読む ↓

関根勤の妄想力 東へ

| DVD | 07:00 | comments(0) | |
柳沢慎吾クライマックス甲子園!!
著:HIBI☆Chazz-K
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:wakaimonnihamakenaizo さん

すごい!
面白かったのはDVDの方。普段でも柳沢慎吾さんが芸と変わらないお人柄だとわかります。
CDも笑えるけれど、臨場感があって、高校球児だった息子の時を思い出し、胸キュンになります。本当の試合の実況中継のようです。高校野球が好きな人にはたまらない1枚です。



もっと読む ↓

柳沢慎吾クライマックス甲子園!!

| DVD | 07:30 | comments(0) | |
公式長編記録映画 日本万国博
著:石坂浩二
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点


内容紹介:


感想:Oh! Not Him Again さん

あの頃、僕はそこにいた
記憶はおぼろげだけど、入場切符や迷子バッチは手元にあるから行った事は確かだ…どちらかというと僕は遠足で行った万博公園、デートで行ったエキスポランドの方が馴染みがあるのだが。しかし普段は流行に乗らない僕の親でさえ二回も会場に足を運ばせた、さすが日本で開催された戦後最初の世界的文化イベント。実際月の石を見たかどうかは覚えていないけど、一種独特な会場の雰囲気、夜空に立つエキスポタワー、太陽の塔の内部、そしてイラスト標識は辛うじて覚えています。このDVDは真面目な内容ですが、元々僕はドキュメンタリーが好きなので観る事により仮想の懐かしさ、ノスタルジックに浸ることができました。



もっと読む ↓

公式長編記録映画 日本万国博

| DVD | 07:50 | comments(0) | |
菅井君と家族石 The Perfect
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:しんのじ さん

日本一の黒人一家(?)・菅井家。こいつらを前にしては、もはや無条件幸福しかない!!!
「SPA!」誌での連載、TBS系「NEWS23」で月1回オンエアされる“蛙男劇場”、新たなTVシリーズの開始、そして『ザ・フロッグマンショー』劇場版の公開と、今もっともホットかつグーなクリエイターのひとりであるFROGMAN(蛙男商会CEO)。そんな彼の“最初にして最強”と称される作品がこの『菅井君と家族石』(スガイ&ザ・ファミリー・ストーン・・・!)だ。
島根県出雲地方に住む、極貧の黒人ファミリーが巻き起こす騒動・・・・・ときいても何が何だかという感じかもしれないが、こいつらがとことん笑わせてくれる。嘘だと思うなら、まずは蛙男商会の公式HP、ビクターの商品公式HPなどにある、この作品のムービーをぜひ見てほしい。文句なしの面白さだから。オレのお気に入りキャラはレイ・チャ・・・じゃなかった、じいちゃんだ。彼のボケっぷり(いろんな意味で)からは、もう目が離せない。


このDVDには、全部で12の“おはなし”―web公開版とは、一部内容が異なっている―に加え、十六島(うっぷるい)のり/CMサイト/DVD CM/メジャーデビュームービー/モバイルサイトCM/寿ムービー/LLブラザーズ/霊峰マウンテン(=あの「日本ブレイク工業 社歌」で知られる萬Z(量産型)氏の「霊峰マウンテン」のPV。萬Z(量産型)氏はmanzo名義で『ザ・フロッグマンショー』の音楽を担当している)と、8つの“アンコールMOVIE”を収録。メニュー画面で「PLAY
ALL」を選択すると、これらすべてを一気に見ることができる(約78分と、なかなかのボリュームだ)。
笑いが好きな人、新鮮な笑いに飢えている人、毎日がつまらない人・・・・・いや、すべての人に、心の底から自信を持って、おすすめさせていただきたい。


もっと読む ↓

菅井君と家族石 The Perfect

| DVD | 00:25 | comments(0) | |
秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ 同時収録:古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~ スタンダード・エディション

著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点


内容紹介:


感想:しんのじ さん

タフ&セクシー。あなたは今、史上最強の“大家さん”を目撃する………!
NY国際インディペンデント映画祭アニメーション部門・最優秀作品賞、同部門・国際アニメーション最優秀監督賞をダブルで受賞、という、まるで酔っぱらってこしらえた子供がノーベル賞をもらっちゃったかのような(なんだそりゃ)栄誉に輝いた…とかいった先入観抜きで観た方が、きっと気楽に楽しめる快作。もっともこの映画、制作当初はFlashのアドビ社から「Flashは映画を作るためにはできていません。いい加減にして下さい」とすら言われた、まさに無謀な賭けだったのだが、まさに結果オーライ。この作品の中核的存在であるFROGMANは“泣かせ”も得意だが、今回はほぼ封印。まるで昭和に繁栄を誇ったグランドキャバレーでどんちゃん騒ぎをするかのような、万人向きではないが壮大かつキッチュな世界が展開されている。
音楽は『相棒』、OVA『FREEDOM』の池頼広氏が担当(一部、TVシリーズでのmanzo氏による楽曲も使用)。こんな(失礼)作品でも、いつもの重厚なスコアは健在だ。
なお、このDVD、商品の表示とは一部異なる部分があり、本編収録時間はおよそ95分(うち、同時収録『古墳ギャルのCoffy』は約17分)。これは劇場公開後、夏に入ってからTOHOシマネ…じゃなかったシネマズ六本木ヒルズで上映された、おしまいに「おまけ映像」がついている“ギヒルズ・オリジナルバージョン”で収録されていることによる(急遽、このバージョンで収録することになったのかもしれない)。
本編以外では予告・特報・CMのほか、FROGMANらによる音声解説も収録。


そして2008年5月、劇場版第2弾が公開された。今回はなんと、ゲストとして滝口順平、野沢雅子、銀河万丈といった大物声優の方々も参加しているという。公開エリア外に住む我々には、いつ観られるのか見当もつかないが、とりあえずはその日を楽しみに待ちたいと思う。


もっと読む ↓

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ 同時収録:古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~ スタンダード・エディション


| DVD | 10:19 | comments(0) | |
ピクニック
著:ジャン・ルノワール
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:クマサン さん

あまりの可憐さ、あまりの美しさ・・・。
のどかな田園風景。その中をいく馬車。もうここからこの掌編の情感あふるる美しさが零れ落ちてしまっている。馬車から見える動く風景。近づいてくる小川のふちにある館。すべてがまばゆく牧歌的。


シルヴィア・バタイユの可憐な愛らしさ。それを窓から覗き込む若者二人。ジャン・ルノワールは光の魔術師。開いた窓から注ぎ込む銀幕の反射のような光、それに見入る男たち。これはもう一枚の絵画。永遠に眺めていたいほどの・・・。

その周りをジャン監督自ら登場人物に扮して歩き回ることの愉快さ。どうやって撮ったのか、カメラを覗きながらではないのに、これほどのものを・・・。

草原は陽を浴びてことのほかまぶしい。そして木陰はことのほか涼しい。そこを縫うように流れる小川は黒く落ち着きはらっている。このコントラストの妙はなに。際立つ水の流れ。そこに入り込もうとしている人々。水と人とが流れていく。あたかも同じもののように。

戯れる男女。人類創生のころからの営みが繰り返される。しかも森で、木々のあいだで。それは恋、それとも夢。思いをかき消す雨の音。ボートはすべる。水面の上を。目前に広がる雫打つ水面、あわただしく広がる波紋。動いていく視線。どこまでもどこまでも・・・。息を呑む映像。二度と表現できないくらい美しい水のたたずまい、自然のありよう。そしてはかない恋。


わずか40分弱。でも長く感じられた。でも短かったような。もっと浸っていたかった。ジャン・ルノワールのカンヴァスの中にもっと・・・。これはそんな映像の魔術。愛と生の絵画。


ご購入はこちらからどうぞ ↓

ピクニック


| DVD | 10:03 | comments(0) | |
フレンチ・カンカン
著:ジャン・ルノワール
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:   1888年のパリ、興行師のダングラール(ジャン・ギャバン)は、モンマルトルのキャバレーで踊り子ニニ(フランソワーズ・アルヌール)を発見し、自分の店を売ってキャバレーを丸ごと買い取り“ムーラン・ルージュ”を創設。ニニを中心にカンカンの上演をもくろむが…。<br>

   バズ・ラーマン監督作でも知られるムーラン・ルージュの創始者ジドレルをモデルに、名匠ジャン・ルノワール監督が豪華絢爛に描いた名作。映像の華やかさと人生模様の厳しさとが見事に融合し、さらにはエディット・ピアフなどの歌やダンスと、観る者をひたすら楽しませてくれる手腕に感服。ラストのカンカンの盛大さも気持ち良い。フレンチ・エンタテインメントの代表格として必見の作品である。(的田也寸志)


感想:トリケラトプス さん

仏映画初心者
夢とロマンを現実にしたショービジネス界の実業家の波乱万丈な物語。
と、受け取りましたが、フランソワーズ・アルヌールとジャン・ギャバンの親子ほど年の差が
ありながらも全く不自然でなく恋愛をし、破滅し、次の恋が始まったかと思うと逆戻りしそうになったり、
限られた範囲での恋愛に絡む人間模様が面白くもあり、鬱憤が募っていくというジャン・ルノアール監督の仕掛けに
まんまとはまりました。
そして、映画最後のムーランルージュでのフレンチカンカン、歌や踊りの素晴らしさと最高の笑顔を見せられて
素直に感動するとともに、ショービジネス界に生きる人間の商魂たくましい姿も感じ取りました。



もっと読む ↓

フレンチ・カンカン


| DVD | 06:56 | comments(0) | |
海の上のピアニスト

著:ジュゼッペ・トルナトーレ
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点


内容紹介:   大西洋を往復する豪華客船、バージニア号。この船には楽譜を読まずに即興で演奏する、1人の天才ピアニストがいた。その男はこの船で生まれ、以後一度も船を降りたことがなかった。 <br> 『ニュー・シネマ・パラダイス』で世界的名声を得たジュゼッペ・トルナトーレ監督が、壮大なスケールで描く叙事詩である。生まれた年にちなみ、1900(ナインティーン・ハンドレット)と名づけられたピアニストを、個性派スターのティム・ロスが演じる。ジャズピアニストとのピアノ対決、シケで揺れる船の大広間でピアノごと移動しながらの演奏など、伝説にふさわしい名場面が次々と展開する。
<br>   メロディーは船客の人生、リズムは海のうねり。これは20世紀の最後を飾るにふさわしいモニュメントだ。(アルジオン北村)


感想:Dolce Vita さん

尊厳死のテーマ
主人公の天才ピアニスト、ナインティーン・ハンドレッドは地上でのアイデンティティーを持つことができなかった架空の存在だった。言い換えれば、彼はヴァージニアという母体から一度も産み出されることが無かった胎児だったのだ。それ故に一世を風靡したあの豪華客船ヴァージニアが移民時代を終え、戦争によってアトランティック・クルーズがすたれ廃船の憂き目に会ったとき、彼は自分の従うべき道、つまり母体と運命を共にすることを直感的に悟った。船が沖合いに曳航され、爆破される直前まで親友マックスは彼の下船の説得に努めた。地上でのやり直しを夢見て。それはある種の尊厳死のテーマでもある。彼が誇りを失わずに選ぶことができたその後の人生は死でしかなかった。



もっと読む ↓

海の上のピアニスト


| DVD | 23:10 | comments(0) | |
ミテルだけ
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点


内容紹介:


感想:真面目一徹 さん

Oナミ
使用可能! 結構カメラ目線じゃない人がいます。(微妙にカメラ上とか) セリフがありますが、その前に継ぎ目? 編集があります。(気にはならない) 佐藤寛子はセリフがありません。 バックに変なBGMが無いのがいい。



もっと読む ↓

インタラクティブDVD「ミテルだけ」


| DVD | 07:32 | comments(0) | |
恋ノチカラ4巻セット
著:相沢友子
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:   恋に仕事にすべてが可能だと信じて疑わなかった20代が過ぎ、30歳を迎えて夢見ることから卒業しようと心に誓っていた籐子(深津絵里)。そんな30代的倦怠真っただ中のヒロインが、転職をきっかけに再び夢に向かって奮闘する姿を描いたハートフル・ラブ・コメディ。広告代理店につとめるしがないOLの籐子は、昔憧れていた同じ会社の貫井(堤真一)が独立して作った新会社に引き抜かれることになり、有頂天になるのだが…。<br>

   深津絵里が籐子のせつない心情を見事に演じきる。表情の切り替えが実に巧みで、とりわけ一人芝居のパートのおかし味は絶品。ラブ・コメのツボを心得たその喜怒哀楽のすべてが、悲しいやら楽しいやら。脚本のメリハリは今一歩だが、彼女の緩急自在な演技がドラマのすべてを救っている。(麻生結一)


感想:ぴかこ さん

何度も見ました
初回放送を見て、深津さんの演技に引き込まれました。籐子が可愛い。ガブガブ美味しそうにワインを飲む姿をみて、私もああいう風にワインを飲もうと思ったり。あの役は深津さんだからこそ、輝いたのだと思います。また、堤さんとの掛け合いも息があってて、さすがでした。それから、西村さんも大好きなので、楽しく見る事ができました。<br
/>再放送を見たり、何回もビデオを借りたりしていましたが、思いきって購入して良かったです。大人買い?してしまいました。


もっと読む ↓

恋ノチカラ4巻セット


| DVD | 20:39 | comments(0) | |