SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
英文翻訳術 (ちくま学芸文庫) (文庫) : 安西 徹雄 (著)




著:安西 徹雄

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:体操競技に「技術点(technical merit)」と「芸術点(artistic impression)」があるように、翻訳という仕事にも、パターン化された「技術項目」と、それを土台に磨き上げる高度な「芸術性」があるようだ。 <br>本書は、シェイクスピア研究の第一人者であり、達意の翻訳家として知られる著者が、「技術項目」に限って解説を施した翻訳学習の名著だ。本書で著者が採用した方法は、学習英文法の枠組みに沿って英文を分解し、分解してできた項目ごとに、訳文作成のルールを提示していくという画期的なもの。全部で44のセクションに分かれた、システマチックで学習性に富んだそのノウハウは、「翻訳英文法」という呼称で、翻訳学習者の間ではつとに評価が高い。 <br>この方法の信頼性の高さについては、多くの関連書の存在(『翻訳英文法徹底マスター』、『翻訳英文法トレーニングマニュアル』―― いずれもバベル・プレス刊など)や、これに言及するプロ翻訳家が多いことからも容易に推察できるが、定評を得た一番の理由は、やはり「英文法」という枠に注目したアイデアの斬新さに尽きる。つまり、本書には学校英語に慣れた者に、「翻訳」へ興味をかき立てる、啓蒙書としての側面もあるということだ。 <br>この魅力は「マニュアルの向うのあるもの」と題された<あとがき>の中で存分に発揮されている。公式による技術の後に何が来るか。とくと味わってみてほしい。(玉川達哉)





感想:アポロン文庫 さん

翻訳者を目指す者、英文学学生にてとっては最適
本書は1982年4月に発行された「翻訳英文法」を改題し、ちくま学芸文庫に入ったものである。
<br />私もスペイン語和訳翻訳に従事し始めた翻訳家の卵であるが、非常に役に立つ。片手にメモ用紙をおいて、自分で翻訳しながら読んでみる価値はある。章の題目を読むだけでも翻訳の原則が分かり、価値ある書物の一つである。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


英文翻訳術 (ちくま学芸文庫)













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 10:21 | comments(0) | |
ケータイ「万能」フランス語文法 (単行本(ソフトカバー)) : 久松 健一 (著)





著:久松 健一

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:H-JAM さん

使える文法解説書
私はフランス語を勉強し始めてかれこれ10か月になります。この10か月でおそらく仏検3級レベルにまで伸びたかな、と思うのですが、勉強の仕方は文法に関してはもっぱらこの本に頼っています。おそらく私のようなフランス語初心者に必要な文法事項はすべてカバーしていますし、本屋で立ち読みした中ではもっともわかりやすく解説されていました。フランス語を勉強したての最初の1年間に関して言えば、この本と仏和辞典があれば十分ではないかと思います。
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓



ケータイ「万能」フランス語文法













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 21:07 | comments(0) | |
コンヴェルサスィオン―中級フランス語会話へのステップ (単行本) : シダリア マルティンス (著), ジャン=ジャック マビラ (著), Cidalia Martins (原著), Jean‐Jacques Mabilat (原著)





著:シダリア マルティンス

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:hakone さん

惜しい
豊富な例文が収められており、さまざまなケースに沿った表現を学べます。CDもちゃんとした声優を使って録音されているので、自然な会話を聴くことができます。ただ惜しいのは、収録されている例文の数に比してCDで聴けるものが少ないこと。また、付録の日本語訳がしばしば不正確です。その点を考慮して星4つです。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



コンヴェルサスィオン―中級フランス語会話へのステップ













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 21:03 | comments(0) | |
速読の英語 (単行本(ソフトカバー)) : 松本 道弘 (著)




著:松本 道弘

みんなのおすすめ度 (5点満点):3.5 点





内容紹介:






感想:sk さん

英語を味わうことも重要では?
この本は理解度を下げてでも速読することで英語に触れる機会を増やすことを勧めています.
<br />しかし,我々が日本語の本を読む場合にそんなことをしているでしょうか?
<br />分からない言葉があっても流し読みするのは,娯楽小説等,あまり価値を置いていない本であり,
<br />本当に理解したいと思う本は,注釈や国語辞典,昨今ではインターネットを利用しながら,
<br />吟味し,ゆっくり読んでいるのではないでしょうか.

<br />私個人は,例えば,行方昭夫氏の言うような味わう英文の読み方のほうが性に合っている気がします.
<br />たとえ時間が無くても,少ない時間の中で密度の濃い読書をする方を選びます.
<br />
<br />要するに,この本で松本氏の提唱する方法は,万人向けの物ではない気がします.
<br />氏の「私はこうして英語を学んだ」の方は,もう少し一般的な話で良い印象を持ちました.
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓



速読の英語













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 20:47 | comments(0) | |
1日1分!ビジネス英語―「ウォール・ストリート・ジャーナル」速読術 (Non select) (単行本) : Dow Jones Business English (著), 和田 秀樹 (監修) (著)




著:Dow Jones Business English

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:wpmd さん

空き時間に無理なく勉強できる本
1日1分シリーズを好んで買う私ですが、この本はシリーズの中で一番良い本だと思います。
<br />
<br />この本の良い所は
<br />・適度な英文の長さ。(一回毎100〜130語の文章)
<br />・毎回、英文の内容を理解しているかどうかを問う問題(2〜3問)がある。

<br />・ビジネス記事のみを取り扱い、さらにその背景知識まで説明されている。
<br />→例:貿易赤字の記事が出たら、「貿易赤字とはなにか?」ということを英語で解説
<br />・値段が安いわりに、ボリュームがある。
<br />・小さくて持ち運びやすい。
<br />・英字新聞の入門書として使える。
<br />
<br />といった所です。
<br />難点があるとすれば、英文の難易度を下げるために、簡単な英単語を主に使っています。
<br />そのため、あまり単語力の強化には使えないことです。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


1日1分!ビジネス英語―「ウォール・ストリート・ジャーナル」速読術 (Non select)













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 20:35 | comments(0) | |
英文速読のナビゲーター―大学入試 (研究社ナビゲーター・シリーズ (4)) (単行本) : 西 きょうじ (著)




著:西 きょうじ

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






感想:緋村心太 さん

良書です
パラグラフリーディングといっても小手先のテクニックめいたものではなく
<br />あくまでも長文解釈の基本としての論理展開を身に着けることをメインとして
<br />扱っています。
<br />
<br />ある程度、英文読解ができるようになってから

<br />長文解釈を身に着けるために使うのが一つの効果的なやり方かと思います。
<br />
<br />
<br />お薦めです。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


英文速読のナビゲーター―大学入試 (研究社ナビゲーター・シリーズ (4))














| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 20:30 | comments(0) | |
速読速聴・英単語 Basic 2200 (単行本) : 松本 茂 (著), 藤咲 多恵子 (著), Gail K. Oura (著)




著:松本 茂

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:powerelite さん

学校英語ではなく実用英語向け? 
 単語集です。掲載されている単語は中学〜高校の1年程度とあります。
<br />掲載されている単語すべてが日本の中学、高校で習うものではありません。(文部科学省認定の英検と比べても明らか)それは他の方がレビューに書いている通りです。
<br />
<br /> 選定されている単語、文章が、学校英語のそれとは少し違います。習うより慣れろ、という言葉が合うような本になっています。理屈らしい解説はありません。それこそアメリカでは日常で使うものであり、向こうの小学生、幼稚園児を対象とするような語彙が出ています。これらを学ぶことでどの程度英語力? が伸びるのかを見定めるのは難しいと思います。
<br />

<br /> ですが、ただいえるのは、他の方もレビューされているように、この本は肩肘張らないような内容でありまた絵があるので俗に言う「楽しんで勉強できる」と感じる人もいるのではないかと思います。CD音声もボリュームのある本文すべてについているというのは商品として買う場合、お買い得ではないかと思います。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


速読速聴・英単語 Basic 2200













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 20:25 | comments(0) | |
ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式 (単行本) : 西 きょうじ (著)




著:西 きょうじ

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:カシワモーチ さん

基本はここだ!とともに
同著者の「基本はここだ!」を終えた方が、<br />次にこの本を使用されると思いますが、<br />結構難易度は飛躍しているので、キツイかもしれません。<br />語学の勉強は、一段飛ばしが出来ないものですし、<br />無理せず間を埋めましょう。<br /><br />「基本はここだ!」で平易な文章は読めるはずなので、<br />速読英単語や速読速聴英単語の基本編や必修編を使用し、<br />ある程度、基本単語と長文に慣れてから、<br />再度ポレポレにチャレンジすれば、<br />以前より楽になっているのでは、と思います。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 20:18 | comments(0) | |
新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ) (単行本) : 鈴木 長十, 伊藤 和夫




著:


みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:ナマムギ さん

悪くない
例文は良質、CD付き、低価格と3点そろった本です。
<br />とりあえず、買っておいて損はないと思います。
<br />
<br />文法の参考書に載ってるような例文と内容が近いものがよくあるので、
<br />例文は良質と断言してよいと思います。

<br />また、英文がすらすら出てくるくらいまで暗記すると英会話にも活用できます。
<br />
<br />僕は特にCDがとても重宝すると思います。
<br />これを使っている人は例文を暗記していると思うので、
<br />8割り方暗記したらCDを使ってはどうでしょう?
<br />暗記した例文をテンポよく復習でき、なおかつリスニングの練習にもなります。
<br />覚えきったあとにCDを一度聞いてみるとCDの効果がよくわかると思います。
<br />
<br />一つだけ欠点があるとしたら、文語表現に注がつけられていないことでしょう

<br />僕は700文を完璧に覚え英会話に応用してみたら、
<br />ネイティブに通じなかった文があります。
<br />これにはショックを受けたので、勉強する人は文語表現には気をつけたほうがいいと思います
<br />
<br />けれどそうした欠点を理解していればやはり良書だと思います
<br />僕はいまだにこの本で英語の勉強をよくします。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 20:12 | comments(0) | |
旅の指さし会話帳〈6〉イタリア (ここ以外のどこかへ!) (単行本) : 堀込 玲 (著)




著:堀込 玲

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:Nao さん

たのしく、ごがく
イタリアにはまだ行っていないので、現地での評判はまだわかりませんが。イタリア料理の店で働いていたので、食材名などもたくさんのっているこの本はすごく役に立ちました。この本のイラストはちょっと適当(笑)でも、字も絵もみやすいです。
<br />
<br />イタリアに旅行に行く人に、この本を貸したところ、現地で指差して使うことはしなかったそうですが、飛行機の中やホテルで熟読していたら、とっても役にたったそうです。
<br />彼女はその旅(たった一週間)で数字や、あいさつ、トイレの場所とか、”よ、いい男!”的な言葉まで習得してきました。しかもすごくいい発音(笑)語学が苦手な人ですが、あの本だと楽しく頭に入ってきた、とのことです!




ご購入はこちらからどうぞ ↓


旅の指さし会話帳〈6〉イタリア (ここ以外のどこかへ!)













| 本 : 語学・辞事典・年鑑_2 | 16:35 | comments(0) | |