SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
No.273 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:sasabon さん

是非スコアを片手に音楽を鑑賞してください
楽譜は他の物価と比べて高いですが、知的財産保護の観点から言えば仕方がありません。ただ、日本のミニチュア・スコアは、他のジャンルの楽譜、例えば合唱譜の情報量と比べると安いですね。また洋書のスコアと比較しても同様ですから、「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」に関心を持ってこれの購入を考えられている方にはオススメします。


音楽は全て楽譜から紡ぎ出されるのです。どんな名演奏も基本的に同じ楽譜を使いながら、ピアニストと指揮者の構想力の競い合い、という性格を帯びていると理解していますので。

日本楽譜出版社のスコアは、A5版で114ページあります。最初の7ページには、濱田滋郎氏による丁寧な解説がありますからこれはとても参考になります。

ミニチュア・スコアを見ながら聴けばよく分かりますが、ピアノの譜面は本当に難しいですね。ピアノ協奏曲ですから当たり前なのですが、ピアニストの技量と音楽観が如実に問われる曲です。

第1楽章はテンポもゆったりでロシアの風土を彷彿とさせるような哀愁を帯びた音楽世界を表現しようとしています。


第2楽章はロマンティックで甘美な音楽が展開されています。ラヴ・ロマンスを語るかのような優美さが必要ですが、それだけでは表現が足りません。哀愁を帯びた切ない音楽を嫌味にならないように甘く美しく弾くことが肝要です。抒情的なのは言うまでもありませんが、オーケストラとピアノで紡ぎ出す雄大さもまた愛される所以でしょう。

第3楽章も抒情的で美しいピアノの旋律が展開します。オーケストラとピアノの両方が同じ音楽観を持たないとピアノ協奏曲は上手くいきません。そこに難しさがあるのですが、クライマックスへの駆け上り方の躍動感の素晴らしさがラフマニノフの真骨頂と言えるでしょう。


もっと読む ↓

No.273 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調

| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 21:10 | comments(0) | |
バンドスコア the pillows Best Collection(バンド・スコア) (楽譜) : ザ ピロウズ (監修)




著:ザ ピロウズ

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:yatsu--pi さん

初心者にもオススメ
サードアイとMYFOOTは他にスコアがあるので別に無くてもいいような気がします。
<br />代わりにハレー彗星や巴里マリーがあると最高でしたね。でもハイブリッドレインボウやストレンジカメレオン等の人気曲が収録されているので、PILLOWSを深く知らない人でも楽しめる内容だと思います。さわおさんパートはギター初心者でもある程度弾けると思うのでバンドでコピーしたり脱初心者を目指すには最適なのではないでしょうか。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



バンドスコア the pillows Best Collection (バンド・スコア)













| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 14:44 | comments(0) | |
コンプリートSYNTHプログラミングブック (単行本) : 高橋 信之 (著)




著:高橋 信之

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:ymizushi さん

音作り入門の良書
シンセサイザーでの音作りはただパラメーターを適当にいじくるだけでもそれなりの魅力ある音を鳴らす事が出来るが、
<br />やはり自分のイメージ通りのサウンドを創り出すにはシンセサイザーの原理、パラメーターの意味を知る事が肝要である。
<br />この本は音の基本原理から減算式、FM式シンセサイザーの原理、パラメーターの意味、
<br />そして実際のシンセサイザーでの音作りの過程をCDで音を確認しながら読み進めて行く事が出来るため、
<br />読了後にはどのパラメーターを操作すれば、どのような音になるのかがある程度予想出来る様になる。

<br />こうなるとシンセサイザーで創り出した音が自分のイメージした音に収束するようになり、
<br />一層シンセサイザーの楽しさ、奥深さを体感出来るだろう。
<br />シンセサイザーでイメージした音作りをすることが出来ない、という人に読んでもらいたい一冊です。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


コンプリートSYNTHプログラミングブック














| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 08:56 | comments(0) | |
作曲本~メロディーが歌になる~ : 野口 義修 (著)




著:野口 義修

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






感想:Jet+2 さん

長年の経験がなければ書けない本
作曲本には、著者が作曲の講義等で長年に渡って培って来た経験をもとに得られた内容が凝縮されています。実際に著者の弟子には、数字的に結果を出した作曲家もいれば、数字的な結果こそ伴っていないものの最高水準の作品を産み出し続けている作曲家も存在しているのです。僕自身はプロとして十数年活動して来た後にこの本を購読した立場なので、ここに書かれている内容の殆どは当然既に理解しています。でも、この本の凄い所は作曲をある程度極めた人がどうしても解けない謎についても、実は言及されている事です。まあそういう深い話は抜きにして、親しみ易い文章で書かれているので、初心者が基礎から学ぶのはもちろん、歌詞に曲を付けてみたい人にもオススメ出来ます。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



作曲本~メロディーが歌になる~













| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 05:39 | comments(0) | |
ギターで覚える音楽理論―確信を持ってプレイするために (楽譜) : 養父 貴 (著)




著:養父 貴

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:タカちゃん さん

理論の初心者にはまだ早い
レビューを拝見して購入しました。開いて置いておきやすい幅広なサイズと手書きメモ風な見やすい説明欄、重要な箇所には赤の波線、付属のCDの聞きやすさ…あらゆる点で良書と言えます。<br />しかし、本書の冒頭にもあるとおり、初歩的な知識には触れていません。まずは他の初心者向けの音楽理論書本で勉強し、最低でも、一通りの用語の知識を持ち合わせていなければ理解できないと思います。<br />私自身7年ほどギターをやっていましたが、理論については一切勉強していなかったため用語の意味が分からず、別の本で勉強し直すことにしました。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


ギターで覚える音楽理論―確信を持ってプレイするために













| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 05:32 | comments(0) | |
実用ピアノコード辞典 (楽譜) : 沢 新平 (著)




著:沢 新平

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想: さん

豊富な事例に満足
自分は初心者でポップスの弾き語りをしたくて購入したのですがとてもボリュームがあって細かくたくさんいろいろなボイシングが載っているので(一つのコードに2〜6こずつついています。)とても使いがいがあると思いました。オンコードも分かれてのっているので自分みたいなコードの知識がない人でも、かなり沢山のコードを抑える事が出来ると思いました。あらゆる音楽ジャンル対応ということで、きっとたくさんの人に満足してもらえると思います。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



実用ピアノコード辞典













| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 16:28 | comments(0) | |
ピアノソロ ジャズピアノプロムナード(2) (Piano solo) (楽譜) : はじ ひろし




著:


みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






感想:ja2ko2 さん

☆ジャズを始める人には、ぴったりの本☆
この楽譜は、バイエル、ブルグミュラー、ソナチネ、ツェルニー、ソナタなどの演奏の段階に合わせて弾くことが出来るので、簡単な曲から、難しい曲までさまざまな曲が載せてあります!!またどの曲でやればいいのかわからなければ、演奏レベルのはじめのページで自分に合った曲を見つけることができます。ひとつひとつの曲に演奏のポイントなどが書かれていて、ジャズを始める方またジャズを基本からやりたいひとには、とてもオススメです(^▽^)♪



ご購入はこちらからどうぞ ↓



ピアノソロ ジャズピアノプロムナード(2) (Piano solo)













| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 08:51 | comments(0) | |
レディオヘッド ─ 全曲解説シリーズ (単行本) : マーク ペイトレス (著), 上西園 誠 (翻訳)




著:マーク ペイトレス

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:ユリシーズ さん

満足のいく解説書
本書は英語版からの翻訳である。レディオヘッドのデビュー作『パブロ・ハニー』から第6作『ヘイル・トゥ・ザ・シーフ』までが詳しく解説されている。また、アルバムだけでなくシングルなどについてもすべて解説が載っている。
<br />
<br />まず、第2作『ザ・ベンズ』の解説で、なるほど!と思う喩えに出会った。著者はレディオヘッドの出すアルバムをビートルズの作品に当てはめて、「『パブロ・ハニー』が1963年の『プリーズ・プリーズ・ミー』だったとすると、『ザ・ベンズ』はいきなり1966年の『リボルバー』まで早送りしたようなもの」と言っている。これはレディオヘッド初心者の私にもよくわかる。
<br />
<br />また、各曲の解説もかなり詳しく、かつ興味深い。例えば、私がレディオヘッドを聴くきっかけになった『OKコンピューター』の「カーマ・ポリス」は、私の一番好きなビートルズの曲のひとつである「セクシー・セイディ」に影響を受けているという指摘があり、言われるまでは気がつかなかったがそういわれれば確かにそうだと納得いった。

<br />
<br />最後に、著者が重要な曲のひとつとして位置づけている「ゼア・ゼア」(『ヘイル・トゥ・ザ・シーフ』)も名曲であることに気づかせてもらった。トム・ヨークがこの曲のプレイバックを初めて聴いたときに号泣したというエピソードが紹介されていて興味深い。イギリスの音楽雑誌(『Q』や『Mojo』)にも著者は通じているので、それらの雑誌からトム・ヨークらのインタビューなどを直接引用している分だけより説得力がある。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


レディオヘッド ─ 全曲解説シリーズ















| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 14:40 | comments(0) | |
スピッツ (単行本(ソフトカバー))




著:


みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:夢追い虫 さん

☆貴重な資料☆
もうこれはスピッツブリーダー必須の「資料」です。<br>このボリューム(約450ページ)でこの価格は妥当だし、言ってしまえば安いぐらいです。<br>ジャパンはスピッツのデビュー当時からスピッツをしっかりと評価してくれた雑誌です。<br>そのため、インタビューもぬかりありません。<br>インタビューすべき時期に聞くべきことをしっかり聞いておいてくれた。<p>そのぬかりない仕事があったからこそ、今になって私たちが重宝できるわけです。<br>事実、私は「スパイダー」からのファンなので、それ以前のインタビューをまとめて読めて感動しました。<br>もう何度も読みすぎてぼろぼろで汚くなってしまったけど、この汚れも染みも、私がブリーダーであることの証だと思いつつずっと大切にしていきます。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


スピッツ













| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 14:34 | comments(0) | |
バンドスコア くるり 図鑑 (バンドスコア) (楽譜)




著:


みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想: さん

アーティストコメント必見です。ファン必須アイテム。
くるりのスコアブックはメンバーのコメントがとても面白いです。使用した楽器の紹介ではいろいろと楽器について語っていますし、曲紹介のところではそれぞれの録音時の機材ネタや苦労話やら、コピーするときに気をつけたらいい点とか、どうでもいい話とか、ファンならきっと読みたいコネタ満載です。あと岸田氏のイラストもファン必見です。アルバム収録曲以外にシングルのカップリング曲、サンデーモーニングと台風が収録されているのもいかしてます。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



バンドスコア くるり 図鑑 (バンドスコア)













| 本 : 楽譜・スコア・音楽書_2 | 14:31 | comments(0) | |