SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
孫正義語録―孫氏の兵法
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):3.0 点


内容紹介:


感想:Jabb さん

エッセンスを味わう本
本著は、孫氏が語った226の言葉を集めたものです。
「日本のビル・ゲイツじゃなくて、世界の孫正義になりたい」
など、聞き覚えのある言葉が収録されています。
何といってもページ構成が特徴的。1ページの真ん中に語録が一つ書かれています。左下で、その時代背景や状況が端的に説明されます。
最近は1ページ当たりの文字数が少ない本が多く見受けられますが、本著に関してはコンセプトが「読み物」ではないのでページ当たり文字量で判断するのは適当ではないかも。1200円+税の価格をどのように受け止めるかは、個人間の差がありそうです。
孫さんのエッセンスを感じるための作りです。じっくり研究して、言葉の前後に相当する経営や業績を分析するためのものではありません。矛盾に気付くこともあるかもしれませんが、間違い探しのために読んでしまっては味気ない本になってしまいます。



もっと読む ↓

孫正義語録―孫氏の兵法


| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 08:56 | comments(0) | |
商品先物取引基礎知識&儲けの方法 最新版―インターネットでも手軽に売買できる!
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点


内容紹介:


感想:orientstar さん

よくまとまっています
 商品先物に関する入門書は、現物株や指数先物に比べて段違いに少なく、あまり選択の余地がないのですが、本書はとても内容が充実しており、商品先物の基礎知識を身につけるには大変良い入門書だと感じました。
 ただ一つ残念なのは、商品相場用語の解説が貧弱で、用語の索引も付いていないことです。索引のない本は駄本と言われますので、次回改訂時には是非付けて欲しい。この点を除いても、この本は各銘柄の取引ポイントや商品相場の歴史、情報収集のためのURLなどが付いた付録や参考文献も充実しており、商品取引をやらない人も相場の勉強として読むことをお勧めします。相場はやはり商品先物をやってこそ語れるものと言われていますから。



もっと読む ↓

商品先物取引基礎知識&儲けの方法 最新版―インターネットでも手軽に売買できる!


| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 19:47 | comments(0) | |
「経験知」を伝える技術 ディープスマートの本質
著:ドロシー・レナード

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点







感想:ナレッジベーストビュー さん

マネジメントに関する知識はディープで継承が難しい.
マネジメントに関する知識は,製品や製造に関する知識より暗黙的・経験的であり,簡単には伝えることができない.ここではそれを「ディープスマート」と命名している.

本書では,「ディープスマート」の体系化を行うとともに,「ディープスマート」の継承に最も有効な方法は「指導のもとでの経験/コーチング」であると主張し,具体的なコーチングのパターンを示している.

登場する具体的事例は,2000年ごろのシリコンバレー等のベンチャー企業の創業者が,経験豊富なコーチ(ベンチャーキャピタリスト,インキュベータなど)からマネジメント知識をどのように獲得し,それが企業の成長にどのように影響したかを,著者らが直接インタビュー調査した研究成果に基づいており,臨場感が伝わってくる.


技術移転や継承に関する文献は多いが,マネジメントに関する知識の移転や継承を体系化したものは少ない.実際,企業においても,技術や市場に関する知識共有・移転はある程度システム化されているが,よりディープなマネジメント知識の移転・継承に関しては,まったくの人依存・属人的であるケースがほとんどである.その意味で,読者の頭の中にデープスマートの継承に関する体系的な「レセプター」を構築できるだけでも本書の意義は大きい.




もっと読む ↓


「経験知」を伝える技術 ディープスマートの本質 (Harvard business school press)








| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 07:40 | comments(0) | |
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則
著:マルコム・グラッドウェル

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点







感想:adman さん

「バイラルマーケティング」の原理・原則本。ぶっちゃけマストバイです!
マルコム・グラッドウェルの「ティッピング・ポイント」の廉価版。

バズマーケティング、バイラルプロモーション等々、WOM(Word Of Mouth)周辺のマーケティングに対して、ネットワーク理論から切り込みを入れている名著。

この手のクチコミ関連書籍には3種類くらいあって、


1.クリエイティブ視点のバイラルプロモーション
2.PR視点のバイラルプロモーション
3.その他(ネットワーク理論、伝染病など)視点のバイラルプロモーション

本作品は「3」にポジショニングするんだけれども、その中では明らかにトップクラスの内容。

事例と原理・原則の部分が程よいバランスで含まれていて、読みやすく、わかりやすい。


この本を読んでから、上記分類「1」「2」の本を読むと大分客観的に読むことができると思います。


特に世に言う「インフルエンサー」言う概念を、

1.コネクター
2.メイヴン
3.セールスマン


という3つにカテゴライズしているのは秀逸。

正直この値段でこの内容はマストバイだと思います。

また、これからネットワーク理論に興味をもたれたら、アルバート・ラズロ・バラバシ氏の「新ネットワーク思考」を読むと、この世界にどっぷりはまれます。



もっと読む ↓



急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 [ソフトバンク文庫] (SB文庫 ク 2-1)







| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 06:54 | comments(0) | |
総合旅行管理者試験 ズバリ合格できる予想問題集〈06年〉
感想:ケンケン さん

総合旅行管理者試験 ズバリ合格できる予想問題集
この問題集と同じ著者のテキスト(「総合旅行業務管理者試験 ストレート合格できるテキスト」)の2冊だけで勉強して先の試験に受かることが出来ました。特にこの問題集は精度が高く、この1冊を繰り返し解いていけばかなりの確率で試験に通ることが出来ると思います。中身の充実さから言うとこの投資は絶対にお得です。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



総合旅行管理者試験 ズバリ合格できる予想問題集〈06年〉







| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 23:15 | comments(0) | |
総合旅行管理者試験ストレート合格できるテキスト―大改正 旅行業法・旅行業約款に完全対応


感想:dreamagent さん

手元に一冊あると安心!
合格率の高さが評判のトラベルゼミの加藤弘治先生の書かれた新テキスト。四科目全てがコンパクトにまとめられています。重要ポイントや例題も多く、見直しにも最適。名称変更と法改正の前に資格を取ったので、改正のポイントをまとめてくれているのも助かります。これから受験される方もすでに資格を取得された方も手元に一冊あると安心!




ご購入はこちらからどうぞ ↓


総合旅行管理者試験ストレート合格できるテキスト―大改正 旅行業法・旅行業約款に完全対応







| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 23:10 | comments(0) | |
総合旅行管理者試験合格ハンドブック〈2005年版〉
感想:ゆりあ さん

これ1冊で十分でした!
過去問題集、参考書、資料集がセットになった、しかもどれも満足な1冊でした。解説も端的でわかりやすく問題を解きながらの勉強に最適でした。色々みた結果、過去問題集が一緒になっている参考書はすくないようなのでおすすめです。やはり過去問重視が大切でした!



ご購入はこちらからどうぞ ↓



総合旅行管理者試験合格ハンドブック〈2005年版〉







| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 23:07 | comments(0) | |
国内旅行管理者試験合格ハンドブック〈2006年版〉
感想:ayumin♪ さん

1冊でOK!
少々お値段は高く感じましたが、
<br />参考書&問題集(過去問4年分)&資料の構成で、
<br />1冊で十分合格できる内容だと感じました。
<br />
<br />まだ結果は出ていませんが、自己採点では合格できたのではないかと思います。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


国内旅行管理者試験合格ハンドブック〈2006年版〉







| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 23:02 | comments(0) | |
中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国




著:宮崎 正弘

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:dbsi さん

特恵関税
特恵関税なるものが存在するのをご存知だろうか??
<br />特恵関税は途上国の発展を促すなどの目的で、特定の国に通常より
<br />低い関税率を適用し、有利な待遇を与える制度なのだが、
<br />この対象国に中華人民共和国も含まれている。
<br />外務省のHPに対象国一覧表があるのだが

<br />経済発展著しい中国がこれらの国に入っているのは明らかに異様だ。
<br />韓国でさえとっくに特恵関税対象国から卒業している。
<br />調子のいいときだけ先進国で、都合が悪くなったら発展途上国というのはどう考えたって
<br />詭弁だ。常識的に考えて。
<br />以下外務省HP
<br />http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/t_kanzei/index.html
<br />
<br />日本で中国産のものが大量に流通しているのも
<br />この特恵関税の存在が一つにあり、多くの商社はこの特恵関税を利用して

<br />中国から日本に輸入しているのだが、中国製の製品は
<br />安全性や信頼性でもはや地球的規模で問題になりつつある。
<br />日本の場合、植物検疫、動物検疫の検疫システムに問題があるのも確かだが
<br />それを差し引いても日本において中国が特恵関税対象国というのは
<br />もはや時既に、日本人にとっての公共の福祉を脅かすレベルにまで達しているのではないか?
<br />我々の日常生活がメイドインチャイナに脅かされている以上、政府は早急に対策を立てるべきだ。
<br />
<br />この問題はあまり知られていないが、もっと多くの人で共有されるべき問題だと思う。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国













| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 21:06 | comments(0) | |
チョコレートの真実




著:キャロル・オフ

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:だいく さん

なんだか涙がでる。
大大大大好きなチョコレート。子どもの頃から甘い思い出ばかりの幸せな食べ物だった。この本を読むまでは・・・・。
<br />世界最大のカカオ豆輸出国。アフリカ大陸にある国コートジボワール。カカオは果実から豆を取り加工され、製品となって先進国の消費者の口に届く。カカオ豆が最後チョコレートという甘い美味しいお菓子になることを、カカオ農園で働く子供たちはしらない。
<br />執筆者、キャロル・オフは勇気のある素晴らしいジャーナリストだ。チョコレートの歴史についても、丁寧に史料をあたっている。
<br />この真実、惨状を思い知っても、……チョコは・・・・・・嫌いになれない。困っている。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


チョコレートの真実













| 本 : ビジネス・経済・キャリア_2 | 20:02 | comments(0) | |