SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
時事風刺アニメ 蛙男劇場 1
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:カエル好き さん

確かに鳥獣戯画
こういうアニメは過去に無かったという点で評価出来る。
時事をアニメにして記録しているこの作品は、
後世見直した時に当時の出来事を振り返ることが出来るだろう。
茶番なような現実があったことの証拠である。
作者は今後も国民視点で世相を切り取って頂きたい。



もっと読む ↓

時事風刺アニメ 蛙男劇場 1

<
| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 07:43 | comments(0) | |
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」2
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:甲斐 さん

風刺マンガ
風の谷のナウシカを初めて見たのは映画でした。
当時小学生の低学年でテレビの放送だったのですが、
CMで話がカットされながらもものすごく感動しました。
その話の続きが見られるということで迷わず購入しました。
とても重厚感のある絵でぐいぐいと物語の中へ引き込まれ一気に読んでしまいました。
現代社会の環境問題にも通じるメッセージを感じました。
社会風刺抜きにしてもマンガとして一流の作品だとおもいます。



もっと読む ↓

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」

| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 07:45 | comments(0) | |
三つ目がとおる (1)
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点


内容紹介:


感想:マフ君 さん

三つ目がとおる
主人公の写楽保介と和登サンが繰り広げる冒険謎解きのお話です。実は私は手塚氏の夥しい作品のなかでこの主人公が一番可愛くスキです。それにしても手塚氏の歴史、科学に関する知識の深さにはただただ感心するばかりです。これを英訳すればアトム以上に世界に受け入れられる作品だと思います。



もっと読む ↓

三つ目がとおる (1) (講談社漫画文庫)


| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 07:47 | comments(0) | |
スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点


内容紹介:


感想:ゆぃんろん さん

意外と中級者以上向け
初心者向けと思われる本かもしれませんが、意外に中級者以上向けかと思います。


その辺の初心者向けの本では足りないものを補いたい人が見る場合に一番効果が発揮されると思います。
ややラフな部分もありますが、そこのうまさを分からない人が見るとちょっと勿体無い部分があるかも。
一見するとやさしめに書いてあるんですが、かなーり難しいことをさらっとやっているので、そこが咀嚼出来ないと辛い部分はあると思います。
リアル系デッサンを一通り過ぎて来て、その上で実用的にイラストとして生かせる部分を咀嚼抜粋、注釈して解説した本なので、
この本の前に基本的なあたり自分で済ませておくって本に思います。

「一通りいろいろ書けるようになってきて、なんか上手く形が取れないけど、これからどうやったらいいんだろう」
って人にはすごくためになるんじゃないかな。


まとめとして、漠然とした知識のままに絵を書いてきた人にはすごくためになる一冊だと思います。
ただ、やや内容が進みすぎているように思うので、線がラフだとか癖があるから分からないとか言う人のための本ではないと思います。
ディフォルメやラフから逆算して、そのディフォルメの仕方も含めて参考に出来る人の場合、脳内でのイメージ構成にすごく参考になると思います。
逆に、まだ絵をどう描いていいかわからない人はちょっと難しい気がします。
大体、絵を書いて数年以上って人にはすごくためになる本と思います。
自己流だけの絵に行き詰ってる気がする方に是非。

なお、個人的には腕の変化が書いてあるのがすごく助かりました。
意外と重要部分なのに書いてある本がほとんどないので。


いい本だけど、内容の情報がレベル高すぎるところあるので、星4つで。
初心者だと、立体よりも見かけの形を整えようとするだけで終わってしまうかもしれません。


もっと読む ↓

スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン


| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 07:03 | comments(0) | |
美少年の描き方
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点


内容紹介:


感想:莢 さん

初心者にはとても勉強になります
初心者にはとても勉強になると思います。
キャラクターにも個性があって、
指南書なのに読み物としても楽しかったです。


初心者の方はこの一冊を最初に読むと、
基本中の基本が判って良いと思います。


もっと読む ↓

美少年の描き方

| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 23:00 | comments(0) | |
光と闇 小倉宏昌画集 (ジブリ THE ARTシリーズ)
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点


内容紹介:


感想:お米マーク さん

色彩が素晴らしい
僕は劇場版パトレイバーからこの人のファンになりました。
その後パトレイバー2、GHOST IN THE SHELLと観てさらにこの人のファンに。
なんと言っても色彩が綺麗。画面から空気感が漂ってきます。
各作品ごとにテーマに合った色彩設計がなされていて、その作品に触れたことがあれば、かなり魅力的な内容だと思います。


この画集を見て驚いたのは、以外にも描き込まれていないこと(手抜きというわけではありません)。
さらっと描いてあるのに存在感抜群な絵に、同じ絵を描くものとして尊敬の念を抱かずにはいられません。
また、原画と共に様々な効果を加え撮影された絵が載っているのですが、手を加える前と後では全く受ける印象が異なり、アニメならではの表現手法に関心致します。
背景画の段階でここまで計算して描けるというのはすごいですね。


最後の方にはメイキングが収録されています。
水張り、地塗りから始まり、仕上げまでを一枚の絵を通して追ってくれているので、すごく参考になります。(上手すぎて絵自体は参考に出来ないかも知れませんが、技法は参考に)


ジブリ作品で美術監督をされている男鹿和雄さんとはタッチが全然違うので、背景美術に興味がある人はそちらの画集と併せての購入をお薦めします。


もっと読む ↓

光と闇 小倉宏昌画集 (ジブリ THE ARTシリーズ)


| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 08:07 | comments(0) | |
トラベル (Cue comics)
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:カロヤンアポジカ さん

インダストリアルトリップ!人間離れした工業コミック
 一冊丸ごと200ページ列車に乗って降りるだけ。
 なのに 何でしょうこの感覚。トリップしますよ。目にチカチカくる!
 「ニュー土木」よりさらに文字、言語を全く排除(EARTHと数字のみ)無機質な世界観を一層工業化!!
sim magazineのインタビューで定規をコレクションしている(無機質な線とタッチはここから)とか、
友人にマイクをつけて日常会話を録音したテープが600本とか天才でしょ。狂ってる!カラーで見たいです。
 
 



もっと読む ↓

トラベル (Cue comics)

<
| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 09:45 | comments(0) | |
青い車 (CUE COMICS)

著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点


内容紹介:


感想:しかばねさん さん

淡々と
生きる事ってそんなドラマティックじゃなくて
たとえば現実の世の中
こっそり浮気しても、事故で彼女が死んでも
それほどドラマティクな展開にはならないだろう。


そういった意味で
妙に現実味のある作品。

明日からは肩の力を抜いて生きられそうだ。


ご購入はこちらからどうぞ ↓

青い車 (CUE COMICS)

| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 13:22 | comments(0) | |
ピアノの森 15
著:
みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点


内容紹介:


感想:えんちゃん さん

背筋がゾクゾクしました!
これまでも素敵な話でしたが
私にはこの15巻が一番すばらしいと思いました。
特にカイの演奏の時には
音楽が聞こえていないのに
背筋がゾクゾクすることを
初めて体験しました!
話の展開を楽しむよりも
純粋に、カイの演奏を楽しんだ気になりました!





もっと読む ↓

ピアノの森 15 (15) (モーニングKC)

| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 07:00 | comments(0) | |
PARTNER〈6〉
著:柏枝 真郷

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






感想:活字倶楽部 さん

ドロシー 特訓の成果あらわる
 刑事となって初めてドロシーは現場での発砲を経験する。刑事となった以上いつかは経験する避けては通れない道。この発砲があらたな契機となってドロシーとセシルの微妙な関係が
<br />また新たな局面を迎えることになる。お互いに恋人(セシルは少し違うけど)がいながらパートナーとして以上のお互いを意識し始めている二人。彼らの今後が気になって目が離せない作品です。是非未読の方は1巻から読んで欲しい。



もっと読む ↓



PARTNER〈6〉 (C・NOVELSファンタジア)







| 本 : コミック・アニメ・BL_2 | 08:23 | comments(0) | |