SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
はれた日は学校をやすんで : 西原 理恵子 (著)




著者:西原 理恵子

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:john さん

サイバラは本当にスゴイ!
「いけちゃんとぼく」にやられてしまい、
<br />再びサイバラの本を購入。
<br />間違いない、この人は天才だ。
<br />今まで気づかなかったことが悔やまれる。
<br />世間では既に評価されているはずなのに、マンガというだけで私の守備範囲に入ってこなかった。

<br />しかも、サイバラは多分に誤解されている。
<br />シリアスさとのバランスをとっているのか、照れ隠しなのかは知らないが、ハードな面ばかりが強調されている。
<br />
<br />周囲を冷静に認識する女生徒を描き、アイデンティティーが確立していく過程をシビアに見せつける
<br />「はれた日は学校を休んで」
<br />男の子の友情を明るいトーンで笑わせる
<br />「」やまもとくんとまぶだち」
<br />ジョンと名付けた犬を通して、子どもが死の意味を知る
<br />「ジョン」

<br />
<br />どれもこれも素晴らしい。
<br />言うことなし。



ご購入はこちらからどうぞ ↓


はれた日は学校をやすんで (双葉文庫)














| 本 : コミック・アニメ・BL | 10:03 | comments(0) | |
Please Save My Earth (Please Save My Earth Series) (ペーパーバック) : Saki Hiwatari (著), Fred Burke (著)




著者:Saki Hiwatari

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人: さん

おもしろい♪
『ぼくの地球を守って』は随分前に読んだことのあるとても好きな漫画の一つでした。<br>最近英語の勉強を始め、何か飽きないで続く勉強方法はないかといろいろ英語教材の本とか買って試してみたりしたのですが、なかなか続くものがなく、、、<br>でもネットで洋書のコミックスがあることを知り、ひょっとしてこれは!と思って試しに1,2巻を購入してみました。<p>はっきり言って面白かったです!原作を知っているのでだいたいの内容は把握できますし、英語だとこんな表現をするんだ〜という発見もできました。<br>あと本に書いてある「擬音」が面白かったです。英語の「擬音」が分かるのも漫画ならではだと思います。<p>もともと原作が面白いので、初めての方も楽しめると思います♪




ご購入はこちらからどうぞ ↓


Please Save My Earth (Please Save My Earth Series)













| 本 : コミック・アニメ・BL | 23:06 | comments(0) | |
Neon Genesis Evangelion 8 (Neon Genesis Evangelion (Viz) (Graphic Novels)) (ペーパーバック) : Yoshiyuki Sadamoto (著), Fred Burke (著), Carl Gustav Horn (著)




著者:Yoshiyuki Sadamoto

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:ひなはは さん

一気に読まされる。
TV版、映画版ともにリアルタイムでは、まったく興味なく、
<br />
<br />数年後にまとめてDVDで観たら「面白い!」と思った。
<br />
<br />単なるロボットアニメかと思っていた無知なワタシを

<br />
<br />ノックダウンした、前半の斬新なストーリーと
<br />
<br />ちょっとついていけなくなった後半の掘り下げ方。
<br />
<br />映画版の最終話は、うーーーむ。どう理解すればいいのか。
<br />
<br />…と思っていたら、コミック版が出てきた。
<br />

<br />アニメであれだけ話題になっていまさらコミックなんて。
<br />
<br />…と思っていたら大間違いでした。
<br />
<br />TV版ではホントに優柔不断なダメ男のシンジがコミック版では
<br />
<br />ちゃんと骨肉しっかり付いている。…という感じ。
<br />

<br />レイちゃんも、人間味がある、コミック版の方が好き。
<br />
<br />なんといっても、アニメにひけをとらない画力に圧倒されます。
<br />
<br />ストーリーがわかっているのにこんなに面白いなんて脱帽。
<br />
<br />また違うラストが用意されているのでしょうか。
<br />
<br />期待。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


Neon Genesis Evangelion 8 (Neon Genesis Evangelion (Viz) (Graphic Novels))













| 本 : コミック・アニメ・BL | 22:57 | comments(0) | |
Death Note 2: Confluence (Death Note (Graphic Novels)) (コミック) : Tsugumi Ohba (著), Takeshi Obata (イラスト)




著者:Tsugumi Ohba

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:紫音 さん

Easy-to-understand manga☆
特に難しい単語も無いし、すごく読みやすいです。
<br />
<br />ただ、英語は横書き、日本語は縦書きなので、吹き出しのサイズでどうしても
<br />単語の途中で改行が多いのが多少気になります。
<br />

<br />アメリカ&カナダで出版されているので、
<br />Lやワイミーズの子達が思いっきり『米語』を話してますが、
<br />それが気にならなければオススメ☆
<br />(彼らは『英語』だと思うので。ワイミーズハウスはイギリスにあるし)
<br />
<br />上記2点を除けば、すごく上手に訳されてると思います。
<br />日本語版と変わらず面白くて楽しめます。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



Death Note 2: Confluence (Death Note (Graphic Novels))













| 本 : コミック・アニメ・BL | 22:52 | comments(0) | |
ねじ式 (小学館文庫) (文庫) : つげ 義春 (著)




著者:つげ 義春

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:RANZAN さん

目医者の看板、きしょーーーーっ。

<br />お座敷の開かれた障子の向こうに軍艦が
<br />浮かんでるシーン、金太郎飴ポキッ、
<br />目医者の看板。ねじ式だけが特殊マンガで、
<br />つげのメインは矢張り、温泉ひとり旅行物ですね。

<br />
<br />私小説マンガの巣窟・ガロが廃刊になって20年。
<br />今残っているのは、テレビの人気物・蛭子能収くらいすか。
<br />
<br />つげワールドはつまり昭和ワールドなんすよね。
<br />木造長屋マンガ。人情とか同情とか。
<br />ノスタルジーじゃないです。希望とかもないです。
<br />あるのは、陰鬱という名の安心感。
<br />

<br />そういえば、ねじ式の「メメ」くらげって「ぺけぺけ」の
<br />誤植だったらしいですね。ガロって、よかったよなあ。
<br />
<br />
<br />
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓



ねじ式 (小学館文庫)













| 本 : コミック・アニメ・BL | 22:46 | comments(0) | |
おおきく振りかぶって Vol.7 (7) (アフタヌーンKC) (コミック) : ひぐち アサ (著)




著者:ひぐち アサ

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:MONMON さん

どんな人でも好きになる作品。
正直好きな絵ではないし 野球も好きではない。
<br />しかし同人界でも盛り上がってると言うし アニメになってると言うし
<br />講談社漫画賞まで取ったようなのでとりあえず読んでみた。
<br />
<br />やられた!

<br />
<br />人間の心情をとてもよく描いた作品。
<br />登場人物がたくさんいるので 誰かしらどれかのキャラにあてはまり
<br />心にぐっとくるのでは?
<br />
<br />
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓



おおきく振りかぶって Vol.7 (7) (アフタヌーンKC)













| 本 : コミック・アニメ・BL | 22:38 | comments(0) | |
攻殻機動隊 (1) KCデラックス (コミック) : 士郎 正宗 (著)




著者:士郎 正宗

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:エッチな人 さん

面白い!
色々な人達が語っているとおり、情報をはち切れんばかりに詰め込んだ本ですけど、娯楽としてマンガ本を読む楽しさを、作者が忘れず軸にしてくれたコトが嬉しい本です。
<br />情報を詰め込むタイプの本は沢山ありますが、読む方にしてみれば、情報を知る楽しみと物語を読む楽しみを両立させた本は中々ないと思います。
<br />設定、メカ、アクション、犯罪のカラクリ等の組み立てに一々説得力があり、それらに囲まれて動いているキャラ達には人間味が溢れ(言わなくていいコトばかり言ってしまうバトーが好きです)、細かいトコロが理解できなくても楽しめるようになっています。
<br />映画版を始めとして、こういったSFには生活感が足りないモノですけど、この本の場合はいかにもありそうな世界だし、そこで生活してみたくなるような感覚もあります。
<br />終盤の問答には予備知識がいりますけど、結果的には「何となく理解できる」不思議な本ですね。データブックみたいに、書籍等にリンクが貼られていたりすれば、ここから勉強を始める読者も大勢いたでしょう。

<br />もし雑誌掲載時と比べるコトが出来ると、どこをどういじったか、単行本を初めて読んだときにどう嬉しかったかも分かると思います(国会図書館にでも行かないと難しいでしょうけど)。
<br />ごく個人的な感想を書くと、映画版とはまったく逆の性格を持つこの本の少佐のほうが好きです。それはともかく、一冊の本として完成していて、宝物にしたくなります、核シェルターに持って行く一冊を選ぶとしたらコレですね。
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓


攻殻機動隊 (1) KCデラックス














| 本 : コミック・アニメ・BL | 22:34 | comments(0) | |
攻殻機動隊 (2) KCデラックス (コミック) : 士郎 正宗 (著)




著者:士郎 正宗

みんなのおすすめ度 (5点満点):3.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:take_d さん

SF小説(ラノベ以外)を読む感覚でどうぞ。
 SF作品は、当たり前ですが、そもそも土台から骨組みから、肉付け(絵、言葉、所謂記号)全てエンタメ要素を持っている為、観る人の体質に合わないと拒絶反応が起こります。古い例えで申し訳ないですが、スター・ウォーズは好きだけどスター・トレックはダメ的な。洋物SF小説スルーな人は危険ですので免疫をつけてからでないとねー。とりあえずロバート・A・ハインラインや、C.L.ムーア、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアなんかの古典本(個人の趣味ですまん)にどんなレビューがついてるか、またハヤカワ本(ラノベ以外)でも読んでから、改めてこの作品に触れてみるのも悪くないかもしれないス。70年代暗黒ファンジンをトレースせよとかは誰も言いませんが。
<br /> で、素子11は確かに草薙素子と呼ばれた人と人形使いと呼ばれた知的生命体が合成して存在する人物か、という誰でも辿り着く疑問や、同属はどんな理由であれ排除しても正義は成り立つかとか、生命の進化の舵取りをする人物はどのような人物であるべきか、とか、他の同位体にはどんなアナザーストーリーがあって存在しているのか、とか色々な謎をもっと楽しんでみましょうよ。あぁSFちっくやなぁ。
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓



攻殻機動隊 (2) KCデラックス













| 本 : コミック・アニメ・BL | 22:31 | comments(0) | |
Akira (Part1) (単行本) : 大友 克洋 (著)




著者:大友 克洋

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:にょべべー さん

派手なのに地味に面白い
最近興味をもったので、全巻揃えてドババッと読んだ者ですが、とりあえず一回読んだだけでは難解なストーリー、描写の為、全てを理解することは出来ません。二回は読むべきか?
<br />全体的にビル崩壊やら、レーザー発射等、派手な描写が多いものの作品的に派手だなぁ、と思うことはありませんでした。超能力というものが出るものの、"いかにも"という感じではないし、それに立ち向かう主人公(&おおかたのその他も)に至っては何も能力がありません。というか普通に一般人レベルです。要するに少年漫画的なものでは無いと言えば良いのでしょうか?
<br />子供向きではない、大人向きな物語。いや自分もまだ子供年齢なんですが、上記の通りとりあえず"少年漫画"では無いと言う事です。しかし人間模様、展開等は大変面白いので興味をもったら是非。(ちょいと値が張りますが本がデカイので。)
<br />
<br />個人的に物語が始まる前の鉄雄と金田のそれまでの過程をもう少し描いてほしかったな、という気持ちがあったので、星4つにしましたヨー。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


Akira (Part1)













| 本 : コミック・アニメ・BL | 22:26 | comments(0) | |
「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか : 大塚 英志 (著), 大澤 信亮 (著)




著者:大塚 英志

みんなのおすすめ度 (5点満点):3.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:かわな さん

正論は通じるか!?
中国にパクられたらマジギレするくせに、ハリウッドにパクられたらデレデレと喜ぶ。
<br />そんな日本の風潮の不整合を容認する為政者に対する、不快感を表明した本です。
<br />
<br />さて、不整合性を指摘する言葉には、
<br />「中国にマジギレするならハリウッドにもマジギレするべきだ」

<br />「ハリウッドを容認するなら中国も容認するべきだ」
<br />の2つがあり得ますが、
<br />本書は、
<br />「クリエーターとしては、中国にパクられてもハリウッドにパクられてもデレデレと喜びたい気持ちになる」
<br />「業界人としては、中国に正当な対価を払わせても金銭的メリットはまるでなく、ハリウッドにこそ対価を払わせるべき」
<br />というような論調になっています。金銭面での裏付けは、あまり見慣れない論調で新鮮な驚きがあります。
<br />
<br />しかし今の日本の世論は、臆面もなく「格下にナメられたからキレてるんだ、何が悪い」と言わんばかりなので、もうひとつ言葉が必要だったと思います。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか (角川oneテーマ21)













| 本 : コミック・アニメ・BL | 06:04 | comments(0) | |