SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
LASIK―Experience your new vision 高度コンピューター技術と医療技術の統合 (単行本) : 吉田 圭介 (著), スティーブン・小谷野 (著)




著者:吉田 圭介

みんなのおすすめ度 (5点満点):3.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:lotman さん

レーシックの手術をどこで受けるか検討中の方へ
〜いわゆるLASIK(レーシック)の解説書を期待している読者にとっては物足りなさを感じさせるかもわかりません。<br>タイトルが「LASIK」なので、レーシックについて書かれてあります。<br>その安全性や歴史、日米での違い、眼の仕組みの解説、検査と手術の内容、そして体験者の声など、目次の通りです。<br>著者の吉田圭介氏はレーシック専門医療機関神戸クリニックの院〜〜長で、ご自身もレーシック体験者です。その体験談もこの本の中にあります。<br>すでにレーシックについておおよその下調べが終わっていて、ではどこのクリニックで手術を受けようかという段階の人にとっては院長の人柄やクリニックでの検査、手術内容が具体的に示されているので、候補に入れるか外すかの判断材料になります。<br>また同クリニックに決めようと思〜〜っている人にとっても、掲載されている体験談のすべてが同クリニックのものですから、心理的に安心できると思います。〜




ご購入はこちらからどうぞ ↓


LASIK―Experience your new vision 高度コンピューター技術と医療技術の統合














        視力回復レーシックコム
| 本 : 医学・薬学 | 00:24 | comments(0) | |
近視矯正手術レーシックの正しい受け方 (単行本) : 加藤 卓次 (著)




著者:加藤 卓次

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:つちぽん さん

予備知識はこれで
予備知識は、この本で十分得られます。
<br />ですが、細かい疑問は残ります。
<br />それは、手術先での検査前の事前説明会で得るのが
<br />いいと思います。
<br />いずれにしても、あまり神経質にならず、手術先の

<br />検査を受けてみることです。
<br />



ご購入はこちらからどうぞ ↓


近視矯正手術レーシックの正しい受け方














        視力回復レーシックコム
| 本 : 医学・薬学 | 00:20 | comments(0) | |
イントラレーシックで近視が治る!―メガネ&コンタクトを不要にした21世紀の近視治療テクノロジー (単行本) : 青山 勝 (著)




著者:青山 勝

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:ゆっぴっぴ さん

読みやすくわかりやすい。
レーシックの本というより、品川クリニックの本、といったほうがいいです。
<br />レーシック全般の知識を身につけたい方には物足りないかも。
<br />それを頭に入れて読んでいただければ、とてもいい本です。
<br />字が大きくて頭に入りやすい。イントラレーシックについての基礎知識がわかりやすく説明されています。
<br />アンチイントラレーシック派の本も合せて読んでみるといいと思います。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


イントラレーシックで近視が治る!―メガネ&コンタクトを不要にした21世紀の近視治療テクノロジー






| 本 : 医学・薬学 | 00:18 | comments(0) | |
強度近視、黄斑変性症は治せる―レーシックの開発チームで唯一の日本の眼科医師が初めて明かす最新近視手術の実力 (ビタミン文庫) (単行本) : 葉山 隆一 (著)




著者:葉山 隆一

みんなのおすすめ度 (5点満点):1.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:gz さん

ルテインじゃなかったのか?
黄斑変性症はルテインで治るってな本を書いている著者だが、
<br />レーシックでも治せるとは!!
<br />
<br />また、むしろ、強度近視はレーシックの適応外と聞いたが・・・
<br />

<br />いい加減にしなさいよ!!葉山センセ!!



ご購入はこちらからどうぞ ↓


強度近視、黄斑変性症は治せる―レーシックの開発チームで唯一の日本の眼科医師が初めて明かす最新近視手術の実力 (ビタミン文庫)














        視力回復レーシックコム
| 本 : 医学・薬学 | 00:13 | comments(0) | |
わずか10分のレーシック手術で近視が治る―どんな手術?副作用は?費用は? (単行本) : 広瀬 伸次 (著)




著者:広瀬 伸次

みんなのおすすめ度 (5点満点):5.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:ゆっぴっぴ さん

わかりやすい本
ちょっと古い本ですが。。。
<br />目の構造、近視と遠視のメカニズム、RK、PRK、LASIKの違い、手術前後に気をつけることなど、前もってしっておいたほうがいいことが細かく書いてあります。
<br />体験談も多く載っており、よしもとばななさんの体験談はとくに必見です。
<br />




ご購入はこちらからどうぞ ↓


わずか10分のレーシック手術で近視が治る―どんな手術?副作用は?費用は?














        視力回復レーシックコム
| 本 : 医学・薬学 | 00:10 | comments(0) | |
視力回復50のポイント―レーシック、コンタクトレンズから視力回復グッズまで (単行本) : 戸田 郁子 (著)




著者:戸田 郁子

みんなのおすすめ度 (5点満点):3.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:ハムさん さん

正確な情報、正しい知識
端的に言えば、世の中に存在する視力回復の多くがあまり根拠の無い<br>ものだということがよくわかります。<p>本書では、近視、遠視の仕組みからドライアイ、老眼、<br>巷にあふれるあの手この手の視力回復グッズに至るまで、<br>一度でも自分の視力に悩んだことのある人ならば知りたい情報が、<br>とてもコンパクトにまとめられています。<p>専門の眼科医の方が執筆しているので載せられている情報も<br>正確なのでしょう。近視になる原因は今の段階でははっきりとは<br>わかっていないという事実もはっきり記しているのがとても印象的でした。<p>様々な医療の分野で、本書のような、その道の専門家による<br>正確な情報開示が進めばいいですね。<p>視力やドライアイなど、眼に関わる悩みを抱える人にはお勧めの一冊です。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


視力回復50のポイント―レーシック、コンタクトレンズから視力回復グッズまで














        視力回復レーシックコム
| 本 : 医学・薬学 | 00:05 | comments(0) | |
脳から見たリハビリ治療―脳卒中の麻痺を治す新しいリハビリの考え方 (ブルーバックス) (単行本) : 久保田 競 (著), 宮井 一郎 (著)




著者:久保田 競

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:カスタマー さん

励まされました
家族が脳梗塞で倒れた時
<br />さまざま読んだ参考書籍の中の一冊です。
<br />ブルーバックスということもあり
<br />すぐに役立つハウツー本ではなく
<br />最近の実験や学説の紹介をする概論になっています。

<br />リハビリによって脳神経が再構築していき
<br />障害が起こった機能の補完が得られるというくだりは
<br />まさに、リハビリ中の家族を励ますものでした。
<br />うつと回復の関係や、現場のスタッフと家族の役割なども
<br />参考になりました。
<br />「脳卒中ユニット」や「脳から考えるリハビリ」などの
<br />考え方が治療現場に活かされていくことを願うものです。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



脳から見たリハビリ治療―脳卒中の麻痺を治す新しいリハビリの考え方 (ブルーバックス)













| 本 : 医学・薬学 | 09:15 | comments(0) | |
脳が言葉を取り戻すとき―失語症のカルテから : 佐野 洋子 (著), 加藤 正弘 (著)




著者:佐野 洋子

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:bunny さん

大きな助けと希望となる
非常に為になる本であった。
<br />
<br />昨年秋に父が脳内出血で倒れ、右半身の麻痺と失語状態に陥った。家族や親戚が色んな心配をし、色々な試みや試行錯誤をしてきたが、脳の中身が見えないだけに失語という状況とどう向かい合えば良いのかはまさに手探り状態だった。
<br />
<br />第一部「脳が言葉を失うとき」では、失語という状態では何が失われているのか、脳の言語解析プロセスから説明してくれる。

<br />
<br />障害を受けた脳の部位によって現れる症状は様々であり、「聞く」「読む」「話す」「書く」という言語プロセスの緻密さと、機能を失った部位の代わりに別の部位が補助機能を発達させたりという不思議さに驚く。
<br />同時に人間がどれほど精密で微妙な脳の機能によって驚くべき高度な言語処理をしているかも分かった。
<br />
<br />第2部「脳が言葉を取り戻すとき」では臨床医学の立場から多数のリハビリ症例を分析し、医療のあるべき姿と希望を与えてくれる。
<br />
<br />多くの患者達のリハビリ経過を通じて家族や同僚が陥りやすい誤解、患者の焦りと苦しみ、外の世界や会社への復帰に向けて、など「言葉」と「知能」への誤解を解き、理解へと繋げてゆこうとする著者らの気持ちが伝わってくる。
<br />
<br />失語症の家族を支えてゆく人間にとって、この上も無く示唆に富んだ一冊であった。




ご購入はこちらからどうぞ ↓


脳が言葉を取り戻すとき―失語症のカルテから (NHKブックス)













| 本 : 医学・薬学 | 09:08 | comments(0) | |
糖尿病のある人の海外旅行術―準備万端、楽しく!美味しく!安全に! (単行本) : 河合 勝幸




著者:河合 勝幸

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.5 点





内容紹介:






すでに読んだ人:kokodokodoko さん

うなづきながら読みました
糖尿病の教育入院では,
<br />「なにがあっても和食。」
<br />という感じで教え込まれるので,洋食に対する恐怖感が患者にはあります。
<br />海外なんてとてもと思ってしまいます。
<br />そこを,こっちにきたって大丈夫だよと著者は地中海あたりの国から手を振ります。

<br />自身の経験からのさまざまなテクニックを伝授してくれます。
<br />なかなか,食事のとり方など勉強になることが多かったです。
<br />
<br />万全の準備とあとは語学力かな。
<br />いくぞ。海外。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



糖尿病のある人の海外旅行術―準備万端、楽しく!美味しく!安全に!













| 本 : 医学・薬学 | 20:25 | comments(0) | |
糖尿病は薬なしで治せる : 渡辺 昌




著者:渡辺 昌

みんなのおすすめ度 (5点満点):4.0 点





内容紹介:






すでに読んだ人:マフ君 さん

1600万の同胞
2年ほど前に血糖値が要検査で引っかかり、書店で購入しました。この方の仰っている事は、昔から言われている事です。自分で、漠然と考えて実践するより、他人から言われた方がきっかけになります。お酒を控え、煙草をやめて、間食はしない、ストレスは溜めない。薬に頼ると本来人間に備わっている機能が退化し、加齢とともに悪化する事は自明です。飽食、運動不足であるのなら過激な運動は避け、早足とカロリーの抑制です。通勤電車は一駅手前で降りて、歩く事、大事な習慣です。生活習慣病を打ち負かす為には、このような小さな習慣を積み重ねれば良いのですね。線を引く箇所も少なく、すぐ読めました。



ご購入はこちらからどうぞ ↓



糖尿病は薬なしで治せる (角川oneテーマ21)













| 本 : 医学・薬学 | 06:57 | comments(0) | |