SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
脳を活発に働かせる方法、危険な裏技

人間の体の構造を意識し、速読力を上げる



今回は流行りの脳について
身近な考察を交えて書いていきましょう。

新しい環境で勉強したり、働き始めたりする前に読むと
きっと役に立つかと思います。


体を動かすことが脳にとってもいいのは、誰しも経験則からわかるかと思います。

俗に、体を動かしていればボケないなどと昔から言われてきたりしています。
よくよく考えてみれば当然のことで、心も体も、人の体の中で別々に別れているのではなく、併存しています。

しかし、現在、脳の測定装置等の物理的な限界で、普通に歩くようなシンプルな活動でも、そのときの脳活動を計測することは不可能だそうです。

実際に体を動かせば脳は活発になるという証拠がつかめていないのが現状です。

運動が脳にとって有益だと推測することは容易いことですし
脳に悪影響を与える要素は全く見当たりません。


科学的データがないにしても、脳を運動が活発にさせているであろう事例はたくさんあります。

例えば、ふと散歩している時におもしろいアイディアが急に浮かんだりします。

一流のアスリートたちを眺めてみても、瞬間的に試合状況を把握しプレーに取り組んでいます。
科学的に根拠を求めるのは不可能ですが、彼らの試合中の判断力、決断力、リーダーシップ、試合後の発言をみてみても、脳は活発に活動し、知的レベルが高水準にあると感じられます。

平日の学校や会社での自分の行動と休日のときの行動を比べれば、
どちらの日が脳が活発に動いているのか気付かれるかと思います。

休日を過ごし、月曜日になって「昨日は無駄な一日を過ごしてしまった」なんてボヤく人がいましたら、改めて普段からの自分自身の脳の働きかたに対して意識してみるといいでしょう。

休日も平日も関係なく、自分自身の脳の働きを意識して行動するようになれば、自分自身の人生さえもコントロール出来るようになります(詳細は後日記載予定)。



1つ、脳は活発に働かせることに関して、注意しておくべきことがあります。

体を動かすことで、体中の血液の循環がよくなり、脳の血液もよくなるから、脳が活発に働くという解釈は誤解である、ということです。

私たちヒトの脳の血液の流れは一定に保たれています。

もし体内の血液の循環が速くなり。心拍が速くなって血液が上がったとしても、脳の血流は必ず一定の速さになるように、特に優先されて自動的に調節されます。


脳の血液の循環を一時的によくする裏技をコッソリ紹介しておきます。

それは、呼吸を意図的に止め、体内に二酸化炭素を貯めてしまうことです。

呼吸頻度が減少し脳の中の酸素が欠乏すれば、急激に脳内の血液の循環がよくなります。
脳がビックリするわけですから。

当然コレを長時間続けると、危険です。

例えば、息を止め、我慢出来るまで英単語を暗記してしまうとか。方程式の暗記の時に使ってみるとか。
工夫すれば、使える場面もままあります。

重ねてお伝えしますが、息を止めることを長時間続けるのはあまりにも危険です。

このような裏技に依存するのではなく、脳の働き方を客観的に把握することが重要だと私は思います。



| 英語・日本語速読vol.3 | 21:22 | comments(1) | |
【038】今のあなたの潜在能力をフル活用!

「読書」を意識する



速読は読書する能力が基になっています。

量の差こそあれ、
ほとんどの人が読書に取り組んできたと思います。

しかし、ほとんど学校教育で速読が身についたという方はいません。

自己流で速読をマスターするにしても
基礎が穴ボコだらけでは、読書理解のリスクを高めてしまうだけです



小学校低学年時で行われた国語のときの朗読の習慣のまま成長しても、

文章を黙読するときに
朗読の癖が頭に残ったままでは、速読の発達を阻害するだけです



決して読書の朗読がいけないのではなく、
その形式だけが読書の方法だと錯覚し続けることには、

注意したほうがいいのではないでしょうか。






読書は正確に、速く理解することが大事です。
入試、ビジネス、資格試験、さまざまな場面で必要です。

しかし
着実に正確に…、だけでは不十分です。

時間には限りがあります。

制約を超えなければ、進歩など、ありえません。

現代の情報化社会の渦に巻き込まれ、溺れてしまいかねません。


では…、
正確に速く読む方法とは、何でしょうか?




速読には2つの読み方




冒頭、
速読は、脳の働きという観点で考えると
いくつかの方法があるということに触れました。

ここでは、大別して、2つに分けて説明します。



    速読の種類とは……

  • 要領よくポイントだけを読む。

  • 情報処理能力を速くする。




要領よくポイントだけを読む



読む速度が限られた中で
書類の処理、読書をすませる場合に使用する方法です。

読む字の量を限定し要領よく内容を把握するという対応の仕方、
或いは、読書テクニックを駆使した読み方、とも言えます。

以前に紹介した「拾い読み飛ばし読み」がこれに当たります。


参考記事 :断言する。飛ばし読み・抜かし読みは百害あって一利無し



無意識に実践している方もいるものです。



情報処理能力を速くする。



読む速度をアップさせるということです。
脳の情報処理能力を改善するということ。読書速度を3倍、4倍の速度にすることです。

自分の能力を変え、潜在能力を「開発する」ということです。

この方法になると、自己改善、自己トレーニングだけではとても難しく、
腰を据えて本格的に速読を学ばねばなりません


どちらとも速読の中身は違いますが
どちらも現在「速読」と呼ばれているものです。

続きを読む >>
| 英語・日本語速読vol.3 | 00:39 | comments(0) | |
【037】速読法で時間を有効活用

時間を有効に活用するコツ


「時間がない、時間が欲しい」



なぜ、時間がないのでしょう?


それは、入学試験、資格取得と、

人生の節目節目に様々な結果を要求する事柄が過密しているからです。



でも地球のすべての人が
おなじ時間というものを公平に共有しているはずです(そうですよね?)。


時間は限られている、

なんて意識は打ち捨てて、
時間は有効に使うもの、という風に考えて欲しいです。


時間の価値を上げるも下げるも

結局のところ自分次第なんです。
また、人には集中するにしても、限界があるものだということを知るべきです。





  1. スキルアップを図りたいが残業ばかりでなかなか手がつかない。

  2. 休日は何となく時間が過ぎるのが速いような気がする。

  3. 部活やお稽古ごとでゼンゼン時間に余裕がない。



これらのことが、あなたを今苦しめているんでしたら、

今から書くことで解決できたら…と願ってやみません。






さあ、具体的に
実際に集中するコツについて話します。


それは、


意識的に集中してください。


たった今、

「この瞬間でしか取り組むことが出来ない」

という切迫感を持って下さい。


割り振った時間・限られた時間の中で「集中」する訳ですが…、

集中する時は余計なことは考えません。


かといって「集中しよう、集中しよう」と考えても効果を発揮しません。

肩の力を抜いて、取り組んでいきます。



持ち帰りの宿題に取り組んでいる場合

速読が時間の有効利用に発揮します。

速読で内容の理解度が下がることはありません。



頭の回転が速ければ速いほど、

理解度・集中力も高水準で維持され、

時間を濃密に使うことが出来ます。



これこそ、好循環です。



一つ気をつけて欲しいのは、


速読を長時間やるということに

重点を置くべきではないということです。
(長時間速読しても集中力が途切れなければ問題ありません)



繰り返すようですが、

速読は目的であり、手段であり、優れた技術なのです。


速読は、
試験資格、その他諸々の事柄に対して直接的な結果を出すためにこそ重要です。



どれだけ「集中」に時間を費やしたか、というのは正直言ってどうでもいいことです。


  • どれだけ理解し、

  • どれだけ結果を残し、

  • どれだけ自分の目標に近づくことが出来たか、が重要なんです。




時間を短縮化して余分な時間を作ることが大事なのではなく、

速読時間を読書平常時と同等のレベルまでに濃縮することに意味があるんです。


それが時間の有効活用です。





| 英語・日本語速読vol.3 | 15:06 | comments(0) | |