SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
  • 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

@速読書事典

速読や読書術・書籍の大百科事典です。
安部公房/死に急ぐ鯨たち

1986年新潮社から刊行された安部公房さんの「死に急ぐ鯨たち」。インタビューを載せています。
しかし、ここに書かれている内容はもう20年以上前のものですが、その中で語られている問題提起はまだ解決されていないのではないでしょうか。
この本を安部公房さんの小説解読の為の読解本としてではなく、彼の巧緻に論理的な文明批評や言語論、または美術批評に至るまでーー、今も再考の余地が大きいです。
「砂の女」「箱男」・・・、閉鎖的な世界の中での人間の不安を描いてみせるのが阿部さんの小説の特徴です。
人の根源的な不安という情念をイメージを通してひとつの現実味を帯びた世界へ展開します。これは村上春樹さんの小説の表現(メタファー)とは種類の違うものかと思います。

この本のタイトルも本の内容を上手く表現しています。「死に急ぐ鯨たち」。阿部さんが解説している箇所も文章の中にありますが、死に急ぐ鯨というのは、疫病などの可能性としてありうる死に対し、怯え戸惑う鯨からヒントをえたタイトルなのだと言うことです。進化以前哺乳類であった鯨の思考が混乱し(本能として記憶している)陸上での生活に思い焦がれて陸岸を目指し、呼吸困難となりの自傷(自殺)行為に陥ってしまうんだというエピソードです。

このインタビューが行われた当時は冷戦期の核時代における人間の心の中の不安を照射する意味も込められていたのでしょうか。
現在でも核の脅威は深刻なままですが、それ以上に現実的認識の希薄な核の脅威以上にすでに私たちの日常の隣り合わせにテロの影が潜んでいます。もちろん、80年代阿部さんが語った核時代の人間の不安、選別思想は根強く残っていますが、蒔かれた不安の芽はますます急激に歪な形に成長しているように思えてなりません。

この本は、何度でも読んでは閉じ、いろんなことを考え、また読んでみる・・・、そういった長い付き合いの可能な希有な本です。

本冒頭部での文明批評「シャーマンは祖国を謳う」では、人の集団化・個別化による国家と個の問題に及びます。副題の「儀式・言語・国家・そしてDNA」というのはそのまま、このテキストを読み解くキーワードとなります。
流れをお浚いすれば、動物から人は進化する過程で人は「ことば」を手に入れました。
「ことば」で以て人の思考は動物一般の画一的な条件反射より高次のコミュニケーション能力を手に入れた。
にもかかわらず、男女の結合や死別といった生理的現象を社会化するために人は進化の過程で「開かれたもの」であるはずの「ことば」を介して自分を儀式の中に組み込んでいくようになりました。
一度は「ことば」によって個々の分化が可能となったはずなのに、人は儀式の強化により、集団化をはじめます。
今もこの図式は変わっていないようです(ここでの『今』は長い余裕を持った時間軸を想定してます)。儀式の長である「シャーマン」が国家の行く末を歌いつづけ、「テレビ」や「ネット」や「セレブリティ・アイドル」といったボス(=シャーマン)の周りで疑似集団を形成しているようです。

一度「ことば」によって個の分化を可能とした人は再び、「ことば」で以て集団化し画一化されるーー。そのような論理を阿部さんは展開しています。

続きを読む >>
| 速読家の読書感想 | 19:16 | comments(0) | |
本を読んで、ここまで心を揺さぶられなんて…ソース/マイク・マクマナス

ソース、ワクワク、マイク・マクマナス!


最近、マイク・マクマナスというかたの
「ソース」という本を読みました。

このかたは、
もう、この世にいません。

多発性骨髄腫という難病でお亡くなりになりました。



しかし…、本を読んで、
ここまで心を揺さぶられるとは…。




とくに、
「目標を立てない」
「ワクワクすることはすべて、やる」

という箇所はチョットした衝撃でした。


本を読んで、
ここまで心を揺さぶられなんて…。


とくに、
「目標を立てない」
「ワクワクすることはすべて、やる」

という箇所はチョットした衝撃でした。


常識、とされることを超えた視点で書かれています。

こう書くと大げさですが、真っ当な理屈が根底にあります。


それは、ぜひ
あなた自身で確かめてみてください。


この本は今、私にとって、とても特別な存在です。

本棚にもしまわず、
いつも手にとれるようにテーブルの上に置いています。



このソースという本、
なかなか紀伊国屋とかで探しても品薄の状態です。

アマゾンではなんとか、数冊ほど扱っているようです。

| 速読家の読書感想 | 17:42 | comments(0) | |
新訳 星の王子様
新訳 星の王子様 

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ/作 倉橋由美子/訳



この本は大人による、
大人のための小説だ。

子供が読んでも、この本の真意は汲み取れまい。


まず、
僕自身がこの本を今更ながら
読もうと思ったきっかけは、水彩を使ったイラストだ。

挿絵に多用されている
テグジュペリ自身によるこのイラストはいつ観てもよいもんだ。


洗練されては、いない。

イラストは素朴。
肩の力の抜けたタッチ。


この本を買ったのはイラストを
「眺める」だけのつもりだった。


それに、随分昔、子供の頃に読んでいたので、改めて読むつもりはなかった。


しかし、電車内で暇を持て余していたおりに文章を読み、
この本が読むべき対象を制限していることに気づく。


ちょっと驚いた。

これは、子供が読んでも、真には理解できるものではない。

僕自身が感じた通りの、

ステキなイラスト、
王子様が遍歴する星々で出会うキャラクターたちとのやり取り、

「大人って変だ!」という直裁かつ無邪気な気づき。


子供の読者にもそういった部分から共感を得られはず。

実際子供の時の僕自身、この本は大人の矛盾を問題提起してる物語…、と解してた。


実際は違う。

この本の冒頭にも作者自身が断っているとおり、

「この本はある大人に捧げたいと思う。」


その通り。

パイロットである大人が、
危機的状況に陥り、「子供」と出会う。

絶望的な死の危険に晒された状況で、
「羊の絵を描いて」と唐突にお願いする「子供」。

パイロットである大人の「私」の中にあった「子供」の現前だ。


「単なるフィクション、物語に過ぎないじゃないか?「星の王子様」だろう?」

食わず嫌いは、もったいない。
ここまで多くの人に読まれるのにはワケがある。


自分の中に「子供」の部分に気づいた大人の私が、
砂漠から生還しようとする際に星の王子様である「子供」と

どういう風に向き合わねばならないのか?

また、王子様が星々を遍歴していく中で、
支配しようとする王様、バラとの対話、狐からの教訓は、


何を意味しているのか?

隷属?愛憎?人生哲学?


王子様の旅は永遠に終わらない。


我々の中に

「大人になりきれない子供」
「大人に反発する子供」

が問いかけてくる限り。


リアルワールドで、

自己内の「子供」の存在を封じ込めながらも

アクティブにガツガツ働いている甘えを断ち切った大人たちに、
(じっくりと)読んでほしい小説です。

退屈な啓蒙本などよりも
よっぽど価値のある読書時間が過ごせるはずです。


この本はアマゾンでは買わずに近所のなじみの本屋で買って下さい。
この本は、そういうことを、我々大人が気付かない大事なことを要求しています。

ですから、この記事に関してはアフィリエイトはなし。

切にお願いします。
| 速読家の読書感想 | 20:35 | comments(0) | |
ザ・マインドマップ/トニー・プザン




最近よく耳にする、
脳年齢の選定とか、
チープな脳のトレーニングに精を出すよりもこの本を使い込むといいでしょう。


この本ははっきり言って強力です。


僕はこの本によって考え方そのものを考える、
脳のシステムに準じた思考法が自分のライフをより豊かにするのだなと、

「マインドマップ」を作りながら、考えます。


自分の目標がない、

自己分析なんてよくわからない、

将来のビジョンがない、という方は読んでみるといいでしょう。


この本は「読む」、というよりも武器として「使う」本です。


お絵描き、
自分の脳のシステムに準じたお絵描きを

するということです。


実際僕自身もこの本を読んでたくさん、
マインドマップを制作したりしました。

新たな発見の………、数々でした。


スケジュール帳に
ミミズの這ったような細かい文字を書き込むよりも効率的ですし、

なによりもクリエイティブです。





紀伊国屋で買いましたが
これは、定価の倍で買ってもいいぐらいの驚きでした。


買いです。
きっと日本の学校などでは軽んじられる部類のほんでしょう。
| 速読家の読書感想 | 23:08 | comments(0) | |
カンガルー日和/村上春樹

この本をCD、レコードに例えるなら、

B面集といった感じです。

短編の幾つかを堪能できます。

相変わらずのメタフォルは初期作品の中からも窺えます。

「からす」の共倒れ、と言う風な暴力的な描写が気持ち悪くて印象に残ります。

この「からす」の描写を閉塞的な文壇としても読み取れるかもしれません。

アメリカ映画のような実験的なのまで入っています(正直…言って……、凡作です)。

これらは、長編制作に向けての試験的なもの、とか、チョットしたアイディア郡と捉えていいかなと思います。

個人的に気に入ったものは、最後の図書館奇譚ですね。

活劇として楽しめますし、とてもエンターテインしてるかと思います。





| 速読家の読書感想 | 07:16 | comments(0) | |
形づくれ!芸術家よ!語るな!
ゲーテ。

フルネームはヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ。


人間の直裁的感覚を反映させた色彩論を提唱した科学者としての一面もあり、政治の分野で産業振興にも携わったりしてます。戯曲等も多数手がけてます。マルチな学者・政治家です。




特に彼の才能の中で突出しているものは文章ですね。

野の小バラは必読。簡潔だけれど抒情に富んでいる。

古典主義回帰の作品はあんまり面白くないけれども、ファウストを執筆していた関係を考えれば、仕方ないことかもしれない。


特に刺激的なのは、シュトルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)運動のときよりも晩年の、西東詩編の説教臭くも、直接的な、奔放な詩編でしょう。ゲーテの嫉妬(?)や偽善(?)も欺瞞(?)も伴って、己の傲慢さを狭小し、隠すことなく、あるがまま、自在に唱っている。

大胆だ…!!

まるでパブロ・ピカソの晩年の絵画の境地ではないか!?

一読して、すんなり意味は分かるけれども、もう一度読むと、より深く、より味わい深く堪能できる。

久々に何度も読み返しながら堪能できました。
ここで特にお勧めの詩をリストアップしてみたい。

※詩は速く読むなんてことは野暮なんで、ご注意を。
遅読が大事即ち、スローリーディング!



* 野の小バラ


* 悲しみの喜び


* 省察
* 千変万化の恋人
* 魔王
* 神性


* 宝堀り
* 花のあいさつ

* ※西東詩編の殆どすべてが凄まじい。




| 速読家の読書感想 | 09:48 | comments(0) | |
町田康/きれぎれ


さて昨日の夕方(もう日付が変わったので)は町田康さんの「きれぎれ」を読みました。

あらゆる時間や状況がパラグラフ毎にバッラバラにカットアップされたような文字が行間を踊っています。

周到に配されていて快い文字のリズムが感じられると思います。


太宰治さんと町田康さんを比較する論調もありますが、…どこかしらそういう意見には違和感があります。

ちょいと自嘲的な共通項はあるかもしれません。


この作品は日本の私小説的なオーソドックスなカタチを取りながらも、かなりオリジナルな文体を構築していると思います。


前者よりも後者の方が、理性が効いてる気がしますし、何より…暗くないです。

(決して太宰治さんの作品を貶しているのではないので誤解のないように…)

向井秀徳のZAZEN BOYSに通じる酩酊感、焦燥、苛立ち(或いは、反骨精神、パンク精神)を感じました。

かっこいいと思います。語彙も豊富ですし。


知人の展覧会を見に行くという話が…凄まじいことになっています。

どこからこんなイマジネーションが湧いてでてくるのかと、読んでる最中感心しっぱなしでした。



これ以上内容について語るのは、この作品にゃ野暮なんで止めておきます。



正直、所々読めない、知らない漢字があったので・・・
暇を見つけて調べようと思っています。

向井秀徳好きは、必読書です…、読んで後悔しないはず。




| 速読家の読書感想 | 19:49 | comments(0) | |
10代の若い人たち必読の名作 「キャッチャー・イン・ザ・ライ 」
不朽の名作。

ティーンエイジャー(10代の若い人たち)にリアルタイムで読んでほしい。

読む「タイミング」がすごく大事な作品です。

「ヤワ」になってしまった大人にも、もう一度読んでほしいです。

村上春樹さんが訳して、話題にもなってベストセラーにもなったらしいです。

でも僕は、以前の訳文を通して読みました。



主人公ホールデンが、とっても魅力的です。



  1. いつも社会に対して違和感を覚えている。
  2. なんかイライラしている。
  3. 惰性の習慣に嘘くささを感じている。
  4. 子供でもなく、大人にもなれない、繊細な時代を生きている。


主人公の名前やら地名やら何やらの詳細をココでは紹介はしません。

構成上それは対したことではないですから。

秀逸な心理描写にこそ注視してほしいです。



  1. とにかく文体がかっこいい(たまにスラングもちらほら)。
  2. センスがある。
  3. 無駄な文章が、ウマい構成を成している(こういう才能はあんまりない)。



「数字の意味のなさ」にも意味がある(ちょっと読めば、何のことかすぐわかります)。

和訳の仕方もすばらしい。

ヘンに小ぎれいなまとめ方はしてない。

意味がすっと入ってくる。


読者にホールデン自身が語りかけているような文章構成。

まるで遠いところに住んでいる友人から長い手紙のようなフィーリング。




最後に。

作者はサリンジャーといいます。

他にもいい作品があります(ドーミエ・スミス青の時代とか)。

「小説なんてただの時間つぶし」と思ってる人に読んでほしいですね。
この作品は。

さあ!退屈な映画なんて見るのやめてしまって、

読書。

The Catcher in the Rye



| 速読家の読書感想 | 07:13 | - | |
小説家と心理療法士のこころをめぐる対話
最近対談本を読みました。
これは…退屈なテレビ番組に退屈した時なんかに読むといいですよ。
コッチの方が面白いし、知恵が得られます。


この対談本には二人の人物が出てきます。

一人は、
河合隼雄さんは過去ユング研究所で心理学を学んだ人です。
他の作家さんとの対話集も確か出してますね。

相当の聞き上手なのでしょう。

僕は、高校二年生の夏に、この人の著作「こころの処方箋」でけっこうグッときてしまいました。
大胆で強靭な考え方を語ってくれるなあと、感じました。


10代の時にその本の中からいくつか、僕自身の価値観を形づくるためのヒントを学びましたね。

その後でユングとかフロイトとか知りますが、まあ、それはそれとして…。


もう一人は、おなじみ村上春樹さん。
説明は…、省きますネ。



河合さんとの語らいの中で、村上さんは、自己の作品の分析を深めていきますね。

的確な分析だと思います。

村上ファンは注意深く読んでもいいでしょう。

また、小説家として活動するに至る生活スタイルにも言及していますね。


ねじまき鳥クロニクルの後に作った本だから、随分「ねじまき鳥」って頻出しています。

カウンセリングというものの詳細も知ることができます。

でもこの本は対談本ではありますが、「こころ」に関するテーマをいたるところでビシビシ感じます。

刊行された年が1995年だから、湾岸戦争、阪神大震災、オウムの地下鉄サリンなどの頭をもたげる問題が山積していた(今現在だって、その問題は残っています)ときですから、やはり人のこころ、こころの問題を考えたくて、村上さんは京都まで河合さんを訪ねにいったのかなと思いました。


なかなか興味深いのは、「ノモンハンでの出来事」での夢と現実の一致について触れたところですね。

河合さんの指摘通り。

村上さんは聞き返していますが、いやいや、ご存知だと思います!!

人生経験からの総合的な判断から瞬時に少しだけ先の未来の物事を透かし見る能力…。

ありますとも。デジャブなんかじゃないです。


これはイマジネーションの問題です。

イメージする力。ここからこころの問題の解決策も出るもんです。

…よくわかんない人は駅前の本屋でまず読んでみてくださいね。

村上春樹、河合隼雄に会いにいく


| 速読家の読書感想 | 07:06 | comments(0) | |
壁を破る言葉/岡本太郎
一般的な啓蒙書とは毛並みが違います。

字数が極端に少ないので短時間で読書できます。

それ以上の、味わい深い思考を促してくれたりします。

精読してしまいます。

速読するだけじゃ、勿体ない文章ばかリ。


太郎さんの発言を岡本敏子さんがメモしたものから集められた内容です。

言葉の一つ一つに重みがあります。

読書後、ボディーブローのように言葉の重みが効いてきます。


何かをやりたいのに、どうにも実行に移せない人には、強力な後押しになる発言ばかり揃っていると思います。



芸術という一分野で独自の方法を切り開いた、岡本太郎は発言は、示唆に富んだものが多いです。

読んでいると、目の前で岡本太郎さんと対峙して会話しているような錯覚すら覚えます。


「芸術は爆発だ!」とかいうエキセントリックな発言しか印象にない人にこそ読んでほしい本です。

退屈なハウツー本には無い、すごくまっとうな、生きた言葉が封印されています。


題名が壁を破る言葉、とありますが、壁を破るどころかそのまま地平線の彼方まで突き進んでいく位の突破力を秘めた内容です。




| 速読家の読書感想 | 23:00 | comments(0) | |